走るペン太ローディング

作業療法士学科/昼間部3年制 | 大阪医療福祉専門学校

情報公開 職業実践専門課程について

tel:0120-1298-59 問い合わせ 資料請求

作業療法士学科 昼間部3年制

学科イメージ
  • 受験資格:高等学校卒業見込み者・高等学校卒業以上

知識と技術をしっかり身につけ、
患者様の暮らしを支える
スペシャリストへ。

厚生労働省では、2025年(平成37年)を目途に、高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、「地域包括ケアシステム」の構築を目指しています。その大きな役割を担っている作業療法士のニーズは年々高まっています。
本学科では、このように作業療法士に求められている社会のニーズに応えられるような実践的な教育を展開しています。教育の軸として「生活行為」に焦点を当て、人の身体とこころの働きを的確に捉え、対象者の生活を観る力を育成します。また、事例を通した体験的な学びや問題解決を図るための思考力を養い、生涯にわたり自己研鑽を続けられる作業療法士を育てます。

目指す資格

  • 作業療法士(国家資格)日常生活への復帰をサポートするお仕事です。
  • 福祉住環境コーディネーター2級 ※希望者のみ取得可能

活躍のフィールド

  • 総合病院
  • リハビリテーション専門病院
  • 精神科病院など

先輩Voice

市立池田病院 勤務 Y.Tさん

作業療法士学科/昼間部
(2014年度卒業)

一人ひとりのリハビリに一生懸命取り組み、患者様を笑顔にしていきたいです。

午前に外来患者様、午後に入院患者様のリハビリテーションを行っています。毎日さまざまな患者様が来院され、中には自宅や施設に戻れない患者様もいます。患者様とは、一緒に目標を決め、リハビリを通じて関わりを深めていきます。笑顔が増えていく姿をみることがやりがいですね。医療現場での経験はまだまだですが、患者様に喜んでもらえるように一生懸命に取り組んでいきたいと思います。

授業の様子を動画でチェック

作業療法士学科動画

授業科目と学校生活

  • 1年前期
  • 1年後期
  • 2年前期
  • 2年後期
  • 3年前期
  • 3年後期

1年次前期

  • 入学式
  • 新入生研修
  • バリアフリー展見学
  • 体育祭
  • 解剖実習(学内)
  • 見学実習前試験
  • 見学実習(1週間)
  • 見学実習セミナー
カリキュラム例
基礎科目 科学的思考の基礎・人間と生活
  • 健康科学
  • 医療英語
  • 自然科学
  • 心理学
  • 文章表現
  • 情報科学Ⅰ
専門基礎科目 人体の構造と機能及び心身の発達
  • 人間発達学
  • 解剖生理学-骨格・関節・筋系
  • 解剖生理学-神経
保健福祉医療とリハビリテーションの理念
  • リハビリテーション概論
  • リハビリテーション医学
専門科目 基礎作業療法学
  • 基礎作業療法学実習
  • 作業療法概論Ⅰ
作業療法評価学 作業療法評価学実習Ⅰ
作業治療学 作業療法総合演習Ⅰ
臨床実習 見学実習(1週間)
その他演習科目 国家試験演習Ⅰ
pickup
基礎作業療法学実習

作業が人の健康や身体に与える影響を実習を通じて理解します。治療のための手段として用いられる作業(革細工、タイルモザイクなど)を実習します。作業が人の心と身体の健康にどのように影響を与えているのかを勉強します。

1年次後期

  • 学科レクリエーション
カリキュラム例
基礎科目 科学的思考の基礎・人間と生活
  • 情報科学Ⅱ
  • 倫理学
  • 人間関係論
  • レクリエーション概論
専門基礎科目 人体の構造と機能及び心身の発達
  • 解剖生理学-内部系
  • 解剖生理学実習
  • 機能解剖学Ⅰ
  • 運動学
  • 運動学実習Ⅰ
疾病と障害の成り立ち及び回復過程の促進
  • 臨床心理学
  • 病理学概論
専門科目 基礎作業療法学
  • 基礎作業療法学
  • 作業療法概論Ⅱ
作業療法評価学 作業療法評価学実習Ⅱ
作業治療学 作業療法総合演習Ⅱ
その他演習科目 国家試験演習Ⅱ

2年次前期

  • 体育祭
  • レクリエーションリーダー体験
カリキュラム例
専門基礎科目 人体の構造と機能及び心身の発達
  • 機能解剖学Ⅱ
  • 運動学実習Ⅱ
疾病と障害の成り立ち及び回復過程の促進
  • 内科学
  • 神経内科学
  • 整形外科学
  • 小児科学
  • 精神医学
保健福祉医療とリハビリテーションの理念 チーム医療論
専門科目 作業療法評価学
  • 作業療法評価学実習Ⅲ
  • 作業療法評価学
作業治療学
  • 職業関連技術論
  • 発達障害治療学
  • 高次脳機能障害治療学
  • 身体障害治療学Ⅰ
  • 精神障害治療学Ⅰ
  • 作業療法総合演習Ⅲ
地域作業療法学 地域作業療法学
その他演習科目
  • 臨床実習入門
  • 国家試験演習Ⅲ
選択科目 福祉住環境論Ⅰ

2年次後期

  • 解剖実習(学外)
  • 評価実習前試験
  • 脊髄損傷当事者評価実技体験
  • 学科レクリエーション
  • 臨床実習(5週間)
  • さをり織り体験
カリキュラム例
基礎科目 科学的思考の基礎・人間と生活
  • 社会福祉学
  • 統計学演習
専門基礎科目 疾病と障害の成り立ち及び回復過程の促進 薬理学
専門科目 基礎作業療法学 作業療法研究法Ⅰ
作業療法評価学 作業療法評価学実習Ⅳ
作業治療学
  • 身体障害治療学Ⅱ
  • 精神障害治療学Ⅱ
  • 老年期障害治療学
  • 作業療法技術論
  • 日常生活活動学
  • 作業療法総合演習Ⅳ
臨床実習 臨床実習(5週間)
その他演習科目 国家試験演習Ⅳ
選択科目 福祉住環境論Ⅱ
pickup
作業療法評価学実習Ⅳ

患者様の状態を把握するための検査・測定方法を学びます。学生がお互いを対象者に見立て、検査や測定を通して心身の状態を評価する力を養成。ここでは作業療法評価の主に関節可動域測定を解剖生理学・骨格・関節・筋系の知識と結びつけ理解を深めます。

作業療法技術論

患者様に合った療法を実践できるだけの知識・能力を習得します。福祉用具、自助具、義肢装具、住環境整備など、作業療法士にとって重要な知識を広く習得。患者様がその人らしくイキイキと生活できるように、身体を治すのはもちろんさまざまな面から支える実践力を身につけよう!

日常生活活動学

患者様の生きがいや暮らしを支えるために必要なことを学びます。患者様の生きがいや暮らしを支えるのが作業療法士。ただ、個人個人によってその価値観は違うのも事実。自分が当たり前だと思っていたことが、クラスメイトにとっては驚きの方法だったり、一人ひとりの日常生活活動の問題や課題に対する分析力を学びます。

3年次前期

  • 海外研修
  • 体育祭
  • 特別講義
  • 臨床実習(10週間)
カリキュラム例
基礎科目 科学的思考の基礎・人間と生活 国際医療福祉
専門科目 基礎作業療法学 作業療法研究法Ⅱ
作業治療学
  • 作業療法特論Ⅰ
  • 作業療法総合実習Ⅰ
  • 作業療法総合演習Ⅴ
地域作業療法学 地域医療論
臨床実習 臨床実習(10週間)
その他演習科目 国家試験演習Ⅴ

3年次後期

  • 全国模試
  • 臨床実習(10週間)
  • 特別講義
  • 卒業研究発表会
  • 国家試験対策強化週間
  • 国家試験
  • 卒業式
カリキュラム例
専門科目 作業治療学
  • 作業療法特論Ⅱ
  • 作業療法総合実習Ⅱ
臨床実習 臨床実習(10週間)
その他演習科目 国家試験演習Ⅵ

TIME TABLE

(例)
2年生後期
09:00〜10:30 作業療法研究法Ⅰ 精神障害治療学Ⅱ 老年期障害治療学 薬理学 日常生活活動学
10:40〜12:10 作業療法研究法Ⅰ 精神障害治療学Ⅱ 老年期障害治療学 社会福祉学 日常生活活動学
13:00〜14:30 身体障害治療学Ⅱ 国家試験演習Ⅳ 作業療法評価学
実習Ⅳ
作業療法技術論 統計学演習
14:40〜16:10 身体障害治療学Ⅱ 国家試験演習Ⅳ 作業療法評価学
実習Ⅳ
作業療法技術論 作業療法総合
演習Ⅳ

学びの特徴

授業 授業

少人数制のゼミで、自主的な学びを促す。

学年の枠を越えた学生同士の「つながり」を持つことと、それぞれに必要とされている課題に「自主的に」取り組むことを目的に、少人数制のゼミを取り入れています。また、このゼミでさまざまな活動をすることで、「もっと学びたい」「チャレンジしてみたい」という気持ちも育んでいます。自助具作りをテーマにしているゼミや、移乗動作など技術的な内容に取り組むゼミなど、立てる課題はさまざまです。

ゼミ活動で、学年を越えた強いつながり。

先輩・後輩に関係なく一緒に取り組むことで生まれる「つながり」は、学年合同で実施する授業や実技練習で互いに助け合いながら難しい学習課題を乗り越えるなど、学生に大変良い影響を与えています。(夜間部も同様)

授業

ここが違う

公開セミナーの開催を通じ、
現場の声を直接聞き、学校教育の質の向上へ!

学校教育と臨床教育の協力体制を強化するため、また、卒業生の知識・技術を向上させる卒業後教育の一環として、「作業療法士学科公開セミナー」を開催しています。実習生を受け入れてくださっている指導者様から学校教育へのご要望や臨床教育現場の実情などを伺い、学生へより良い教育を提供するための情報交換の場にもなっています。また、卒業生にも継続的に教育を受ける機会を提供することで、学生の実習や就職のサポート支援に協力をしてもらえるような信頼関係を築いています。

「作業療法士学科公開セミナー」近年のセミナーテーマ
第5回 「脳損傷対象者に対する上肢・手へのアプローチ 〜ADLに向けて〜」
第6回 「ニューロリハビリテーションの考え方とアプローチ 〜ボディイメージの歪みと生活障害〜」
第7回 「脳の機能と高次脳障害」
第8回 「生活行為向上マネジメント 〜生活を観れる作業療法士になるために!!〜」
第9回 「認知症に対する作業療法」
第10回 「学生に何を魅せる 臨床作業療法士 ~10年後の作業療法を考える~」
第11回 「川平法と日常生活動作」

卒業研究発表会

卒業研究 卒業研究

作業療法士学科(昼間部) 優秀演題

会場:大阪市中央公会堂

医療・福祉介護現場における
トランスファーボードの使用現状
― 腰痛を減らすために作業療法士ができること ―

目的 平成25年に改定された「職場における腰痛予防指針」の認知度、福祉用具の認知度・普及率、腰痛の有無、また、作業療法士の福祉用具使用経験・指導経験を調査し、指針が改定される前と後を比較する。
研究方法 対象:近畿圏内の老人保健施設3施設に勤務する職員52名。
方法:無記名式のアンケート調査を実施し、その後、調査データを基に単純集計をし、分析する。
結果・考察 腰痛があると答えた人77%、腰痛の原因が介助によるもの52%、指針の認知度17%であった。また、トランスファーボード(利用者をベッドから車椅子に運ぶ際等に使用する福祉用具)を使用していない理由として、時間がかかる、施設にない等が挙がった。
まとめ 指針が改定された後も腰痛を減らすために有効とされるトランスファーボードは使用されていないようである。今後、環境設定のスペシャリストである作業療法士がトランスファーボードのメリット・デメリットを他職種の人に伝え、指針や福祉用具の認知度を挙げていくことが介護者の腰痛を減らすことに繋がると考える。

在校生突撃インタビュー

作業療法士学科/昼間部
S.Tさん

大阪府立港南造形高等学校 出身

ゼミや寺子屋、イベントなど学校全体に活気があります!

一人で勉強するのは大変ですが、この学校はクラスの友達と一緒に頑張れる雰囲気があります。勉強で分からないことは気軽に先生に質問できる放課後の寺子屋もあり、とても気に入っています。今も現場で活躍されている先生が多く、設備も整っているので、充実した教育が受けられます。学校全体に活気があり、学ぶ環境としては最適です!

作業療法士学科/昼間部
I.Tさん

大阪府立久米田高等学校 出身

患者様も自分も笑顔になれる作業療法士を目指します。

作業療法士は患者様も自分自身も笑顔にすることができ、周りから感謝される仕事だと感じたので、目指すことに決めました。オープンキャンパスでは先生方より資格や就職、学校生活について熱く語っていただき、これなら勉強も熱心に教えていただけると思い、本校への入学を決めました。先生方は期待どおり授業に熱心で、学生思いです。

作業療法士学科【昼間部3年制】の仲間たち

男女比率

男女比は約2:8
女性 81.1%
男性 18.9%

男性も多い!

女性が多いと思われがちの職種ですが、需要が高まっている現在、目指す男性が増えている。

学歴・社会人比率

高卒~大卒が約95%
現役高校卒業生・浪人生 93.2%
現役大学・短大・専門学校卒業生 1.5%
社会人経験者 5.3%

高校卒が一番多い!

専門的な知識や技術が身につき国家資格も取得できるので、社会に出る前に目指す高卒生は多い。

年代別比率

全員が30歳以下
19〜25歳 98.5%
26〜30歳 1.5%

同世代がほとんど!

医療系の専門学校は年齢層が高いと思われるかもしれませんが、同世代の学生がほとんど。

PAGE TOP