診療情報管理士学科で選べる3つのコース | 大阪医療福祉専門学校

情報公開 職業実践専門課程について

tel:0120-1298-59 問い合わせ 資料請求

他にはない!大阪医療福祉だけの診療情報管理士学科

選べる3つのコース

  • 短期大学卒業資格が取れる 診療情報管理士コース

    診療情報管理士コース昼間部3年制

    • 医療事務/秘書に興味がある!
    • 就職に強い資格が欲しい!
    • パソコン操作が好き!
    • 就職に強い資格が欲しい!
    • コツコツ作業するのが得意!
  • 大学卒業資格が取れる 医療情報技師コース

    医療情報技師コース昼間部3年制+専攻科1年制

    • パソコン操作が好き!
    • 病院内で求められている資格!
    • 大病院で働きたい!
    • 情報処理に興味がある!
  • 短期大学卒業資格が取れる 視能訓練士学科【昼間部1年制】内部進学コース

    視能訓練士学科【昼間部1年制】内部進学コース昼間部3年制+昼間部1年制

    • 「見える」ことに興味がある!
    • 看護師に興味がある!
    • 白衣で患者様をサポートしたい!
    • 医療系の国家資格!

診療情報管理士コース

電子カルテを扱う
情報管理のスペシャリスト

仕事の内容
電子カルテ化が進む病院で最も必要とされている専門職のひとつ。患者様の診療記録(カルテ)を管理したり、カルテの情報の中からコーディング(世界共通コードによる病気の分類)という処理を行ったデータを医師や病院の責任者などに提供したりします。
活躍の
フィールド
  • 特定機能病院
  • 総合病院
  • 各種専門病院 など
  • ①医療情報の収集とデータ入力

    1診療情報(患者さんの情報)の収集

    患者様のカルテの情報を集めて、病名や医療行為などを数字コード化して(コーディング業務)専用のソフトウェアに入力します。

  • ②診療情報の管理・提供

    2診療情報の管理と提供

    収集した診療情報をしっかりと管理・分析し、よりよい医療につなげるために、要望に応じて患者様や病院のスタッフへその情報を提供します。

  • ③データの分析と活用

    3診療情報の分析と活用

    病院内で、どの地域からどんな年齢の患者様が来ているか、どんな病気が増えているかなどを分析し、統計資料を作って、役所や病院の経営者に提出します。

“医療事務”とは何が違うの?

  • 医療事務は、病院の受付や会計、書類作成などが一般的なのに対して、診療情報管理士は診療情報(カルテ)を管理・分析する専門職!派遣などの非正規雇用が増えている医療事務職より、正職員で就職しやすいのが診療情報管理士!
    本コースでは、診療情報管理士を目指す3年間でその基礎知識となる医療事務/秘書の資格もたくさん取得することができるのです!

データで見る診療情報管理士

診療情報管理士がますます必要とされています!

医療事務/秘書の基礎知識はもちろん、
3年間でじっくり診療情報管理士を目指す!

  • スケジュール
コースの強みはココ!!
たくさん資格が取れる!
正職員での就職率100%!
短期大学卒業資格が取れる!
病院の経営に携われる!

診療情報管理士コース(3年制)VS医療事務・秘書科(2年制)

  • 資格 学歴 就職
  • 高い!診療情報管理士試験合格率

  • 合格率が高い秘密!

    検定試験対策が充実!

    模擬試験を行い、試験当日を想定して実践的な教育環境を用意。学生一人ひとりの理解度に合わせた指導をきめこまかく行うことで、それぞれの学生の弱点分野の克服を行います。検定試験に向けた対策授業が大変充実していることは、在校生からも定評があります。

コースの詳細

医療情報技師コース

「医療情報システムのスペシャリスト

仕事の内容
医療情報技師は診療情報管理士と協力して専門的な医療データの処理を行い、必要なデータを医療スタッフに渡します。また、病院とITシステム会社の架け橋となる役割もあり、電子カルテなどのITシステムを病院へ導入した後も、その日常的な保守やトラブル回避をITシステム会社と協力して行います。
活躍の
フィールド
  •  特定機能病院
  •  地域医療支援病院
  •  総合病院
  •  医療システム管理会社 など
  • ①医療情報システムの開発

    電子カルテなどのシステムを開発します。電子カルテが急速に普及する現在において、それぞれの病院に合ったシステムを開発することが重要になってきています。

  • ②医療情報システムの活用

    必要なデータを医療情報システムの中から抽出し、医師や病院責任者に提供します。特に、電子カルテを管理している診療情報管理士と協力しながら仕事をすることが多いです。

  • ③医療情報システムのメンテナンス

    病院の医療情報システムは24時間稼動しています。そのため、サーバーからPC端末まで日々メンテナンスを行いながら、異常時にも即座に対応することが求められています。

“電子カルテが扱える医療情報技師”の
ニーズは高まっています。

業界の声
  • 現在の医療業界ではカルテの電子化・IT化が急速に進んでいます。電子カルテの修復やデータベースの構築などのIT業務に携われる人材が非常に求められているのです。医療の知識を持ちながら、医療情報技師としてITシステムに関わる業務ができる人材を求めるニーズは、今後ますます高まると思います。(下グラフ参照)
    また、医療情報技師は、病院内で他の医療スタッフと協力できることはもちろん、ITシステム管理会社の方と専門的な話ができます。そして、病院経営に携われることにも大きなやりがいを感じる仕事ですよ。

データで見る診療情報管理士

医療情報技師のニーズ

「情報処理」と「医療」の知識を
とことん学べるカリキュラム!

コースの強みはココ!!
情報処理に精通したスペシャリスト!
「医療」も「IT」も両方学べる!
大学卒業資格が取れる!
大病院で安定した就職!
  • 時代を生き抜く医療情報技師を養成!

    これからの時代に必要な人材は、1人で複数の業務ができる人材です。
    AI(人工知能)の登場により、今後ますます医療技術は発展していくことが予想されます。その流動的な時代を生き抜くためには、ハイブリットな人材、つまり、複数の業務がこなせる人材の育成が重要となっていくのです。
    本コースでは、情報やコンピュータの知識医療に関する知識を学ぶことができ、同時に大学卒業資格を取得することで、これからの時代を生き抜く医療情報技師を育成します。

  • 情報処理やコンピュータの仕組みを学べる!

    基礎から情報処理やハードウェアの仕組みを学びます。

    普段馴染みのないPC用語はなかなか理解することが難しいですが、少しずつ基礎的な知識から身につけることができます。
    また、コンピュータの仕組みも成り立ちからじっくりと学びます。

  • 医療に関する知識を学べる!

    身体の特徴や検査・治療方法、病気に関することなどを学びます。

    情報処理やコンピュータの仕組みを学ぶと同時に、医療に関する知識もしっかりと学ぶことができます。検査・治療方法や病気などの医療に関する知識は、医療情報技師が医療情報システムを活用する際に不可欠です。

  • 大学卒業資格
    が取れる!

コースの詳細

視能訓練士学科【昼間部1年制】内部進学コース

患者様の「見える」をサポートするスペシャリスト

仕事の内容
視力や視野の検査をはじめ、眼圧、屈折、眼底写真撮影などの眼科一般検査、また、小児の弱視に対する検査などを実施し、検査結果に基づいて医師の指示のもと回復に必要な視能訓練を行います。検査を通し患者様の診療を支える眼科医の重要なサポーターです。
活躍の
フィールド
  •  総合病院
  •  眼科専門病院
  •  眼科クリニック など
  • ①目の健康を守る!

    目の健康を守る!

    眼科一般検査・専門検査
    遠視・近視・乱視の検査から白内障などの眼疾病に関する検査、さらに眼鏡やコンタクトレンズの処方に関するものまで様々な検査を行います。

  • ②地域医療に貢献する!

    2地域医療に貢献する!

    集団検診
    眼の健康維持や疾患の予防・早期発見のため、積極的に地域医療活動に参加し、集団検診視機能スクリーニングなどを行います。

  • ③視力回復を応援する!

    3視力回復を応援する!

    視能矯正・専門分野の訓練指導
    両眼視機能の異常を持つ斜視、弱視の患者様に両眼視機能を回復させるための視能訓練やこれに必要な検査を行います。

  • ④患者様の日常をサポート!

    4患者様の日常をサポート!

    ロービジョン・リハビリテーション
    生活をより快適にする補助具を使って、患者様の日常生活をサポート。どの補助具を使うかを患者様と相談し、使い方の練習も一緒に行います。

「電子カルテが扱える視能訓練士」が求められている!

  • 下のグラフからも分かるように、病院ではカルテの電子化が進んでいます。 そのため、眼科においては視能訓練士にまで電子カルテの知識や操作技術が求められているのです!本コースでは、「視能訓練士」と「診療情報管理士」の2つの資格を取得することで、「電子カルテが扱える視能訓練士」になることができます。

データで見る診療情報管理士

これからは電子カルテの時代

「視能訓練士」も「診療情報管理士」も
「短大卒業資格」も取得!
「電子カルテが扱える視能訓練士」になるカリキュラム!

  • カリキュラム
  • もちろん、1年次から視能訓練士の勉強が始まります!

    「視能訓練士の勉強は最後の1年だけ?」
    いいえ、違います!本コースでは、1年次より視能訓練士の勉強を始めます。
    入学後の3年間を修業後に視能訓練士学科【昼間部1年制】へ進学し、スムースに視能訓練士の勉強に取り組めるよう、内部進学前準備科目があります。様々なテーマで実技を交えた講義を実施しています。

コースの強みはココ!!
電子カルテが扱える視能訓練士!
Wライセンスで幅広く活躍!
短期大学卒業資格が取れる!
大病院への就職が目指せる!

10年後、20年後も輝く女性

結婚・出産など、転機を迎えても、あらゆるフィールドで活躍できる!

なんとなく進路をせんたくすると

「30歳の自分」を想像してみてください。

  • 特に女性は人生の転機が多く、結婚・出産・夫の転勤などで仕事を続けられなくなることが多いのが悩み!
    せっかく資格を取得しても仕事が続けられないなんて。それでいい?
    本コースでは、「視能訓練士」「診療情報管理士」「短大卒業資格」とたくさんの強い資格を取得することで、視能訓練士として眼科勤務はもちろん、診療情報管理士として病院の運営や医療事務・受付など幅広い分野で活躍できます。また、正職員やパートなど働き方も選べるので、転職しても家事・育児と仕事を両立して、長く働き続けることができます!

コースの詳細

学校生活

診療情報管理士学科のBlogバックナンバーはこちら › › ›

PAGE TOP