適性AOエントリー

学科紹介

診療情報管理士学科 診療情報管理士コース 昼間部3年制

受験資格:高等学校卒業見込み者・高等学校卒業以上

医師を情報技術で支える
スペシャリストへ。

医療現場から診療情報管理士の業務として強く求められているコーディング、DPC業務、マーケティングデータ分析やがん登録等の知識を確実に習得し、即戦力として活躍できる人材を育成しています。
また、診療行為の情報を電子カルテの中で適切に管理・分析ができる知識・技術を習得することにより、医療事故等が起こらないように病院内の安全を管理することができ、更には病院の経営にまで携わることができます。
このようなハイレベルな能力を有して就職活動を行いますので、医療機関の人事担当者からは絶対的な信頼を得ています。

目指せる資格
  • 診療情報管理士ITを使った最先端のお仕事です! (日本病院会、全日本病院協会、日本医療法人協会、日本精神科病院協会、医療研修推進財団の5団体認定)
  • 診療報酬請求事務能力 認定試験(医科)(日本医療保険事務協会認定)
  • Microsoft Office Specialist 検定(マイクロソフト社主催)
  • 医療秘書技能検定 3級(医療秘書教育全国協議会主催)
  • 短期大学卒業資格※自由が丘産能短期大学 通信教育課程の併修で取得可能
活躍のフィールド
  • 特定機能病院
  • 総合病院
  • 各種専門病院
先輩Voice
患者様への対応から事務的な作業業務まで
丁寧に取り組んでいます。

医事課に所属し、外来の患者様の受付や会計、電話対応、診療報酬の計算や請求業務を行っています。ICDの疾病コーディングや診療録監査など診療情報管理士としての視点が、医事課業務でも大いに役立っています。患者様が来院されて最初にコミュニケーションをとるのが医事課の職員ですので、丁寧に分かりやすく説明や案内をできるよう心がけています。

医療法人徳洲会 宇治徳洲会病院 勤務 髙橋 友海さん
医療法人徳洲会
宇治徳洲会病院 勤務
Y.Tさん
診療情報管理士学科
(2015年度卒業)
授業の様子を動画でチェック
授業科目と学校生活
入学式
1年次前期
  • 入学式
  • 新入生研修
  • 慢性期医療展
  • 医療秘書技能検定試験(3級)
カリキュラム例をチェックする
一般教養科目
  • 情報処理演習Ⅰ
  • 文章表現
医療教養科目
  • 診療報酬請求事務
  • 医療秘書技能検定試験対策(医療実務系科目)
  • 医療秘書技能検定試験対策(医学系科目)
診療情報管理士科目 基礎科目
  • 医療概論
  • 人体構造・機能論
  • 医学・医療用語
専門科目
  • 医療管理総論
  • 医療管理各論Ⅰ
通信制短期大学
併修科目
  • 必修科目対策
  • 選択科目対策
  • スクーリング科目対策
病院見学
1年次後期
  • 学科イベント
  • 病院見学
カリキュラム例をチェックする
一般教養科目
  • 情報処理演習Ⅰ
  • 文章表現
  • 英会話
医療教養科目
  • 診療報酬請求事務
  • 医療秘書技能検定試験対策(医療実務系科目)
  • 医療秘書技能検定試験対策(医学系科目)
  • 診療報酬請求事務能力認定試験対策
診療情報管理士科目 基礎科目
  • 臨床医学総論
  • 臨床医学各論Ⅰ
  • 臨床医学各論Ⅱ
専門科目
  • 診療情報管理論Ⅰ
  • 保健医療情報学
分類法
  • 国際統計分類Ⅰ
通信制短期大学
併修科目
  • 必修科目対策
  • 選択科目対策
  • スクーリング科目対策
学科イベント
2年次前期
  • 診療報酬請求事務能力認定試験
  • 学科イベント

ピックアップ

診療報酬請求事務
診療報酬請求事務
医療費の計算方法や、医療保険の仕組みを習得します。

私たちが病院にかかったときに支払うお金の計算方法、医療保険の仕組みを学んでいきます。電卓や診療点数早見表を用いてレセプトと呼ばれる診療報酬明細書を作成する実技形式の大人気の授業ですよ!

臨床医学各論Ⅲ
臨床医学各論Ⅲ
正しい検査・治療法を出すために、身体の特徴を学びます。

血液や代謝、内分泌などの障がいで起こる病気や検査、治療方法などを学びます。これらの障がいは全身に影響が出ることもあるので、 その特徴をしっかりと理解しよう!

情報処理演習Ⅲ
電子カルテ演習
電子カルテを使った情報管理・分析方法を学びます。

医療情報システムについての理解を深めるために、実際の電子カルテを用いた演習を行います。医師の代行として入力することも増えていますので、実践力を身につけましょう。

カリキュラム例をチェックする
一般教養科目
  • 情報処理演習Ⅱ
  • MOS検定対策
  • 電子カルテ演習
  • 問題解決力ワーク
医療教養科目
  • 診療報酬請求事務
  • チーム医療論
診療情報管理士科目 基礎科目
  • 臨床医学各論Ⅲ
  • 臨床医学各論Ⅳ
  • 臨床医学各論Ⅴ
専門科目
  • 医療管理各論Ⅱ
  • 診療情報管理論Ⅱ
  • 医療統計学Ⅰ
  • 保健医療情報学
分類法
  • 国際統計分類Ⅱ
通信制短期大学
併修科目
  • 必修科目対策
  • 選択科目対策
  • スクーリング科目対策
Microsoft Office Specialist 検定試験
2年次後期
  • Microsoft Office Specialist 検定試験
  • 卒業研究事前指導
カリキュラム例をチェックする
一般教養科目
  • 情報処理演習Ⅱ
  • MOS検定対策
  • 英会話
  • 卒業研究(事前指事)
医療教養科目
  • 診療報酬請求事務
診療情報管理士科目 基礎科目
  • 臨床医学各論Ⅵ
  • 臨床医学各論Ⅶ
  • 臨床医学各論Ⅷ
専門科目
  • 医療管理各論Ⅲ
  • 診療情報管理論Ⅲ
  • 医療統計学Ⅱ
通信制短期大学
併修科目
  • 必修科目対策
  • 選択科目対策
  • スクーリング科目対策
病院実習
3年次前期
  • 卒業研究
  • 海外研修
  • 病院実習(4週間)
  • 診療情報管理士模試

ピックアップ

がん登録
がん登録
がん対策事業に貢献できる人材を育成します。

2016年1月に「がん登録」が法制化され、病院では必須業務となりました。これによって実務者向けに多くの研修会が実施されています。この授業では実務者研修の内容も踏まえて学び、即戦力として活躍できるがん登録士を目指します。

カリキュラム例をチェックする
一般教養科目
  • 卒業研究
  • 情報処理演習Ⅲ
医療教養科目
  • がん登録
  • 病院実習事前指導(文章)
診療情報管理士科目 基礎科目
  • 診療情報管理士試験対策(基礎)
専門科目
  • 診療情報管理士試験対策(専門)
病院実習
  • 病院実習事前指導(マナー)
  • 病院実習(4週間)
通信制短期大学
併修科目
  • 必修科目対策
  • 選択科目対策
  • スクーリング科目対策
卒業式
3年次後期
  • 卒業研究発表会
  • 診療情報管理士模試
  • 診療情報管理士試験
  • 卒業式
カリキュラム例をチェックする
一般教養科目
  • 卒業研究
医療教養科目
  • がん登録
  • DPC演習
  • 医療安全学
診療情報管理士科目 基礎科目
  • 診療情報管理士試験対策(基礎)
専門科目
  • 診療情報管理士試験対策(専門)
病院実習
  • 病院実習事後指導
通信制短期大学
併修科目
  • 必修科目対策
  • 選択科目対策
  • スクーリング科目対策
TIME TABLE
(例)
2年生前期
09:00〜10:30 診療報酬請求事務 医療統計学Ⅰ 臨床医学各論Ⅵ 臨床医学各論Ⅲ MOS検定対策
10:40〜12:10 診療報酬請求事務 保健医療情報学 臨床医学各論Ⅵ 臨床医学各論Ⅲ MOS検定対策
13:00〜14:30 国際統計分類Ⅱ 臨床医学各論Ⅳ 医療管理各論Ⅱ 診療情報管理論Ⅱ 電子カルテ演習
14:40〜16:10   臨床医学各論Ⅳ コース活動
(医師事務作業補助)
診療情報管理論Ⅱ  
学びの特徴
3年間一貫教育で、じっくりプロを養成。

近年の医療制度や技術の高度化により、診療情報管理士の診療への関わりや病院経営への参画の期待が高まってきています。
そこで、本コースでは3年をかけてじっくり育てる「3年間一貫教育」のメリットを最大限に活かしたカリキュラムを構成しています。
毎年診療情報管理士試験で高い合格率を誇っていることがそれを証明しています。

説明会の様子
見学実習に参加し“やりがい”を実感

普段は見ることのできない病院の内部を見学し、診療情報管理士の業務の内容を実際に見て学んでいます。
その他、医事課やリハビリテーション室、ナースステーションなども見学させていただき、最先端で活躍するスタッフや機器を見せていただき、勉強に対するモチベーションアップに繋がっています。

研修
学んだ知識を体感につなげる授業形式で、
目標の実現に向けて主体的に取り組む人材育成を!

“生きた授業”を行うことで、教科書で学んだ知識を新鮮なうちに体感できます。
例えば、1年次より実施する「特別講義」では、現役の診療情報管理士を指導する資格を持つ診療情報管理士指導者を講師に招き、医療現場や業界の現状、資格試験への心構えなどを教えていただきます。また、実際に医療機関を訪問して現場スタッフの講義を受け、最新の設備や機器に触れるケースもあります。
このような経験を積むことで、自ら具体的な将来像を設定し、目標の実現へ向けて主体的に取り組める人材を育成しています。 洛和会音羽病院 医療情報・がん登録統計課 主席課長 橋本昌浩先生(2016年度)

検査の実習参観の様子 検査の実習参観の座講
卒業研究発表会
診療情報管理士学科
(診療情報管理士コース)
卒業研究発表会 優秀演題
会場:大阪市中央公会堂
優秀演題
200床以上の病院における診療待ち時間対策の現状と展望
目的 医療機関における診療待ち時間の長さに対する患者の不満は大きい。
そこで、病院側が実際におこなっている待ち時間対策のサービスと患者が理想と考える待ち時間対策のサービスを調査・比較し、今後の待ち時間対策のあり方を検討する。
研究方法 ●対象大阪府内の200床以上の病院25か所。
●方法診療待ち時間対策に関するアンケート調査。
結果・考察 病院側がおこなっている診療待ち時間対策とそれに対する患者の要望に大きな差はみられなかった。多くの患者の要望として待合番号モニターが挙げられた。同時に、多くの病院が待合番号モニターを診療待ち時間対策として導入することができていた。
まとめ 今回の研究で待合番号モニター等の物的要素に関しては、病院側で対策が練られており、対応できていることが明らかになった。そのため、「物」ではなく丁寧な対応、話しかけなど「人」の対応の部分が患者の待ち時間に対する不満解消へと繋がることが示唆された。
在校生インタビュー
完璧に身につけるために
授業の復習を大切にしています。

医療系の仕事に就きたいと考えていて、多くのことを学べる診療情報管理士という職種に興味を持ちました。実際に電子カルテを操作し、診療報酬請求の仕組みも学べるので、就職にも役立つと思います。設備が充実していることも気に入っています。将来は、医師や看護師を支えられるようになり、さまざまな人から頼られる人になりたいです。

診療情報管理士学科 南 尚実さん 大阪府立港高等学校 出身
診療情報管理士学科
M.Nさん
大阪府立港高等学校 出身
日々努力を惜しまず、信頼される
診療情報管理士を目指します。

商業科のある高校で学んだ事を生かせる職業に就きたいと思い、本学科を志望しました。検定合格率や就職率の高さが入学の決め手になりました。将来、情報技術がさらに発展しインターネットやパソコンなどを使う仕事環境が増えていく社会に対応するためにも、「情報処理演習」科目で基本から学べるのは有益だと思います。

診療情報管理士学科 榊 拓巳さん 和歌山県立和歌山商業高等学校 出身
診療情報管理士学科
S.Tさん
和歌山県立和歌山商業高等
学校 出身
学科DATA
男女比率
男女比は約4:6
女性 56.5%
男性 43.5%

check!男性も多い! 女性が多い医療事務系の中でも、上級資格である診療情報管理士は男性が目指すケースも多いことが特徴。

学歴・社会人比率
高卒〜大卒が約96%
現役高校卒業生
・浪人生
95.2%
現役大学・短大
・専門学校卒業生
0.8%
社会人経験者 4.0%

check!こ高校卒が一番多い! 近年注目の資格だけあって、社会に出る前から目的を持ってこの資格を目指す高校生が多い。

年代別比率
ほとんどが25歳以下
19〜25歳 99.2%
26〜30歳 0.8%

check!同世代がほとんど 医療系の専門学校は年齢層が高いと思われるかもしれませんが、同世代の学生がほとんど。

お申し込みはこちらから

なんでも
ご相談ください

  • 電話 電話

    平日9:00-20:00 土曜9:00-18:00

    ボタンタップで電話がかかります
  • メール

学科紹介 学科紹介