平成29年度 全学同窓会総会が開催されました。




618日、本校において全学同窓会の総会が開催されました。



今年度より医療福祉管理学科・医療経営情報学科・診療情報管理士学科理事に藤田直也さんが着任されました。

また、新たな代議員として理学療法士学科は平田健太さん、言語聴覚士学科は玉木之浩さんが着任されました。

千葉特別顧問よりお言葉を頂きました。この中で、社会の変化と共に学校の変革と同時に同窓会組織を強くする必要性と意欲を示されました。

段上会長の御挨拶では、開設4年を迎えた全学同窓会の今後において、「同じ志を持って会員の皆様から魅力的な組織を皆で作って行きたい」との意気込みを話されました。

総会では高宮副会長および高松先生より、議事1)平成28年度決算報告 議事2)会計監査報告が行われ、大槻副会長および各学科理事より、議事3)平成28年度事業報告と今後の課題、議事4)平成29年度事業計画と予算報告を行い、これらに対し参加代議員の過半数の賛同を得て承認可決されました。

閉会に伴い大槻副会長より閉会の辞を頂きました。この中で、学校の存続と業界の注目を得るために、業界で活躍されている卒業生とのつながりが重要であり、これが同窓会の存在意義であることを話されました。

また、611日に行われました、30周年記念式典において11年間、本校の同窓会に尽力された段上会長に滋慶学園から感謝状が贈られ、再度、総会で紹介されました。

今年度も全学同窓会主催でたくさんの研修会を企画しております。卒業生の皆様が、学びに帰って来られる魅力のある場所を作って参りたいと考えております。ご期待ください!!