第8回全学同窓会ゼネラリスト研修会のご案内

テーマ:『行動分析学に基づく職場での行動マネジメント』

内 容:行動分析学とは、人間や動物の行動を環境との関わり合いからとらえ
る、最新の学習心理学です。見る、話す、持つ、感じる、考えるなど、生物にで
きることすべてが分析の対象となります。職場での人間関係や後進の育成など、
職場での行動マネジメントについて学びます。
卒後1年目からもとても勉強になる内容です!

講 師:佐伯 大輔 先生(大阪市立大学大学院文学研究科 人間行動学専攻 准
教授)
2002年日本基礎心理学会優秀発表賞受賞。著書:「ケースで学ぶ行動分析学によ
る問題解決」(日本行動分析学会編、分担執筆、金剛出版、2015年)、「価値割
引の心理学:動物行動から経済現象まで」(昭和堂、2011年)。論文:「報酬の
損失を考慮したセルフ・コントロール選択パラダイムの検討―セルフ・コント
ロール選択と遅延割引との関係および教示内容の効果」(行動分析学研究 33
(1) 2-11、分担執筆、2018年9月)、「ハトにおける強化前遅延と強化後遅延が
選択に及ぼす効果」(動物心理学研究 68 (1) 17-23、分担執筆、2018年06月)。


日 時:平成30年11月18日(日)
時 間:13:00~16:10(受付開始 12:30)
場 所:大阪医療福祉専門学校
対 象:本校全学科の卒業生
定 員:定員40名

申し込み方法:下記のURLよりお申し込み下さい。
 https://ssl.form-mailer.jp/fms/ef82784e566290
申し込み締切り:11月9日(金)

申し込み注意点:御申し込み後自動返信メールが届かない場合は、パソコンから
のメール受信拒否を解除の上、必ずメール連絡での確認をお願い申し上げます。
また、1つのアドレスにつき、お一人様のお申し込みのみ受け付けます。

ご不明な点がありましたら、全学同窓会ゼネラリスト研修担当 西尾(連絡
先:k-nishio@ocmw.ac.jp)まで連絡をお願いいたします。