第8回全学ゼネラリスト研修を開催しました。

11月18日(日)に第8回全学同窓会ゼネラリスト研修が開催されました。今回は大阪市立大学大学院文学研究科の佐伯大輔先生をお招きし『行動分析学に基づく職場での行動マネジメント』についてご講演いただきました。現在、職場で管理職やリーダー等で活躍されている同窓生26名の方にご参加頂きました。

「行動分析学」とは基礎的なところから「職場での行動分析」の理論・分析のところまで幅広くご講義をいただき、職場での状況例に置き換えてわかりやすくご説明をしていただきました。

「職場での行動分析」ではABC分析を基に、ワークシートを用いて実際の問題点の抽出、分析を行った結果、具体的な問題点と解決策を見出すことできました。ワークシートを作成後、参加者全員で情報共有を図り、人材育成についてのディカッションを行いました。

今回の内容が同窓生の皆さんの職場での行動マネジメントに活かされると幸いです。

佐伯大輔先生、ご多忙の中、誠にありがとうございました。