第3回全学同窓会ゼネラリスト研修会のご案内

平素より卒業生の皆様には、全学同窓会へのご理解ご協力を賜り有難う御座います。

現在、日本は少子高齢社会に突入していますが、団塊世代は2025年に後期高齢者になると言われています。つまり、団塊世代ジュニアと言われている35~45歳の労働者は、近い将来には親の介護をしながら働かなければならない状況に陥り、さらに、これらの年齢層は子育て世代でもありますので、介護と子育てをしながら働くことが余儀なくされるなど、労働に対しての生産性低下も懸念されています。
そこで、昨今は病院や企業において、『優秀な人材の確保』『女性職員の定着』『職員のモチベーションアップ』『労働力不足への準備』『労働生産性の改善』を図る為に、『ワーク・ライフ・バランス』という考え方が取り入れられてきています。これは、仕事と生活のバランスを大切にするといった概念ではなく、生活を充実させることで仕事においてもより高い生産性を発揮するといった概念になります。

この度、株式会社ICB代表取締役 龍谷大学非常勤講師の瀧井 智美 先生をお招きし、『ワーク・ライフ・バランス』についてご講演頂く予定になっております。『ワーク・ライフ・バランス』の考え方を各々の職場でのマネジメントに活かして頂ければ幸甚です。

ご興味をお持ちの方は、大阪医療福祉専門学校の同級生の方もお誘い合わせの上、ぜひご参加をご検討下さい。皆様方のご参加を心よりお待ちしております。

講 師:瀧井 智美 先生(株式会社 ICB 代表取締役、龍谷大学非常勤講師)
『(仮称)ワーク・ライフ・バランス ~その必要性と実現に向けて~』
日 時:平成28年5月22日(日)
時 間:13:00~16:00(受付開始 12:30)前半:講義、後半:ワークショップ
場 所:大阪医療福祉専門学校 3F大教室
対 象:診療情報管理士・社会福祉士・視能訓練士・作業療法士・言語聴覚士・理学療法士
定 員:定員50名
申込み:大阪医療福祉専門学校 教務部 大槻 哲也(t-ohtsuki@ocmw.ac.jp)宛のメールで受け付けています。
※メールには以下の項目をご記載下さい。
タイトル【第3回ゼネラリスト研修】 ①氏名 ②卒業年度 ③卒業学科 ④勤務先 ⑤メールアドレス
申込み締切り;5月13日(金)


2015年11月に行われた「第2回全学同窓会ゼネラリスト研修会」の報告はこちら