走るペン太ローディング

言語聴覚士学科/昼間部2年制 | 大阪医療福祉専門学校

情報公開 職業実践専門課程について

tel:0120-1298-59 問い合わせ 資料請求

言語聴覚士学科 昼間部2年制

学科イメージ
  • 受験資格:4年制大学卒業見込み、4年制大学卒業以上

大学で学んだ知識と教養をベースに、コミュニケーションの回復を共に目指すスペシャリストへ。

難聴、失語症、小児および障がい者の言語発達の遅れなど、コミュニケーション能力に障がいがある人に対して、言語機能の回復や発達のための検査・訓練を行い、患者様に合った訓練プログラムをたて、リハビリや摂食・嚥下(飲み込むこと)機能の回復をサポートするのが仕事です。脳卒中による失語症や、歯科・口腔外科の手術後の構音障がいなど、音声・言語・聴覚機能に障がいを持つ人も様々ですが、言語聴覚士の人手不足により継続的に訓練を受けたくてもそのニーズに対応しきれていないのが現状です。医療・福祉・保健・教育といった幅広い分野で需要が高まっている職種です。

目指す資格

  • 言語聴覚士(国家資格)話す、聞く、食べるをサポートする専門家です。

主な就職先

就職先
point

授業の様子を動画でチェック

言語聴覚士学科動画

学科のポイントはココ!

地域の方々に利用していただくために「ことばの相談室」を設置しています。それを学生が活きた学内実習の場として活用することができ、授業の内容に結びつけながら学べることが本学科の最大の強みです。また、実習中心の工夫されたカリキュラムも特長のひとつ。 医学知識に加えて、言語・聴覚・音声・心理など人間のコミュニケーションに関する様々な知識・技術の習得はもちろん、医療と福祉の領域におけるチームアプローチの重要性を認識してもらい、医療専門職の一人として協調性や独自性を備えた言語聴覚士を育成します。

授業科目と学校生活

  • 1年前期
  • 1年後期
  • 2年前期
  • 2年後期

1年次前期

  • 入学式
  • 新入生研修
  • 交流会(合同レクリエーション)
  • 失語症の方々との対話会
  • 模擬試験
  • 見学実習/ボランティア実習
カリキュラム例
専門基礎科目 基礎医学
  • 医学総論
  • 解剖学
  • 生理学
  • 病理学
臨床医学
  • 内科学
  • 精神医学
  • 形成外科学
臨床歯科医学・口腔外科学 臨床歯科・口腔外科学
音声・言語・聴覚医学
  • 聴覚系の構造・機能・病態
  • 神経系の構造・機能・病態
心理学
  • 心理測定法Ⅰ
  • 生涯発達心理学Ⅰ
言語学 言語学
音声学 音声学Ⅰ
言語学・発達学 言語発達学
社会福祉・教育
  • 社会保障制度
  • リハビリテーション概論
専門科目 言語聴覚障害学総論
  • 言語聴覚障害概論
  • 言語聴覚障害診断学Ⅰ
失語症・高次脳機能障害学 失語症Ⅰ・Ⅱ
発声・発語・嚥下障害学 嚥下障害概論
聴覚障害学 聴覚障害概論
pickup
言語聴覚障害診断学Ⅰ

グループワークを通じて、患者様の評価・訓練内容を考えます。ビデオ症例にもとづいて、コミュニケーション評価をグループワークで実施。次に患者様の訓練目標についてグループ内でディスカッションし、そこで決めた内容を最終的にはみんなの前で発表しよう!

1年次後期

  • 学内実習(ことばの相談室)
  • 模擬試験
  • 見学評価実習(1週間)
  • 送る会(合同レクリエーション)
  • 実技OSCE
  • ことばの相談室症例報告会
カリキュラム例
専門基礎科目 臨床医学
  • 小児科学
  • リハビリテーション医学
  • 耳鼻咽喉科学
  • 臨床神経学
音声・言語・聴覚医学 呼吸・発声・発語系の構造・機能・病態
心理学
  • 心理測定法Ⅱ
  • 臨床心理学Ⅰ
  • 生涯発達心理学Ⅱ
  • 学習認知心理学
言語学 口頭・文章表現
音声学 音声学Ⅱ
音響学
  • 音響学
  • 聴覚心理学
社会福祉・教育 医療・福祉・教育関係法規
専門科目 失語症・高次脳機能障害学
  • 失語症Ⅲ
  • 高次脳機能障害学(失認)
言語発達障害学
  • 言語発達障害概論
  • 精神発達遅滞
  • 自閉症
発声・発語・嚥下障害学
  • 構音障害概論
  • 運動性構音障害
聴覚障害学
  • 聴覚検査
  • 小児聴覚障害Ⅰ
臨床実習
  • 見学評価実習(1週間)
pickup
失語症Ⅲ

失語症の患者様に対する評価・訓練について深く学びます。成人の臨床現場で接することの多い、失語症の患者様に対する評価・訓練を中心に実施。訓練では講義だけでなく、言語聴覚士役、患者様役にわかれてロールプレイングも行います。

言語発達障害概論

障がいのある患者様に合わせた、訓練方法を立案・実施します。学内実習の場「ことばの相談室」で言語発達に障がいを持つ方々への訓練を実施しています。実習では、評価の選択や様々な訓練方法を患者様に合わせて立案し、実施します。

2年次前期

  • 交流会(合同レクリエーション)
  • 模擬試験
  • 学内実習(ことばの相談室)
  • 実技OSCE
  • 実習出陣式
カリキュラム例
専門基礎科目 心理学
  • 臨床心理学Ⅱ
  • カウンセリング法
専門科目 言語聴覚障害学総論 言語聴覚障害診断学Ⅱ・Ⅲ
失語症・高次脳機能障害学
  • 失語症Ⅳ
  • 高次脳機能障害学(失行)
  • 高次脳機能障害学(健忘・認知症)
言語発達障害学
  • 脳性麻痺
  • 学習障害
  • 小児高次脳機能障害
発声・発語・嚥下障害学
  • 音声障害
  • 口蓋裂
  • 口腔中咽頭癌
  • 成人・小児嚥下障害
  • 吃音
聴覚障害学
  • 小児聴覚障害Ⅱ
  • 成人聴覚障害
  • 補聴器・人工内耳
成人・小児嚥下障害

チームアプローチが必須の摂食・嚥下障害を体系的に学びます。言語聴覚士の業務全体の7割を占めるといわれる領域について、評価や訓練、治療方法について学びます。ロールプレイングを繰り返し、患者様に合わせた対応方法を学んでいきます。

2年次後期

  • 臨床実習(12週間)
  • 模擬試験
  • 国家試験直前特別講義
  • 卒業研究発表会
  • 国家試験
  • 送る会(合同レクリエーション)
  • 症例報告会
  • 卒業式
カリキュラム例
専門科目 臨床実習 臨床実習(12週間)
その他演習科目 国家試験対策

TIME TABLE

(例)
1年生後期
09:00〜10:30 口頭・文章表現 臨床心理学Ⅰ 医療・福祉・教育
関係法規
構音障害概論 音声学Ⅱ 学習認知心理学
10:40〜12:10 言語発達障害学
(精神発達遅滞)
失語症Ⅲ 耳鼻咽喉科学 小児科学 音響学 聴覚心理学
13:00〜14:30 言語発達障害学
(自閉症)
運動性構音障害 小児聴覚障害Ⅰ 生涯発達心理学Ⅱ 聴覚検査 言語発達障害概論
14:40〜16:10 心理測定法Ⅱ 運動性構音障害 臨床神経学 リハビリテーション
医学
聴覚検査 言語発達障害概論

学びの特徴

授業 授業

当事者との直接対話ができる「対話会」の実施。

1年次の「失語症」の授業の中で、失語症である当事者の方とそのご家族の皆様と直接お話ができる「対話会」を行っています。2014年度は兵庫県三田市にある小規模作業所「トークゆうゆう」の皆様にご協力いただきました。

学生主体の開催で、大切なチームワーク力を習得。

この会の準備は、学生が主体となって行います。お越しになる皆様に喜んでいただき、そして会をスムースに進行するため、クラス委員長が中心となって各担当学生の細かい動きを何度も話し合います。また、その中で医療従事者にとって大切なチームワーク力も身につけていきます。この会は、学内実習として実施される「ことばの相談室見学実習」に向けての重要な位置づけを担っています。

授業

ここが違う

生きた学内環境の中で、臨床現場で必要とされる基本的な知識や姿勢を習得!

本校には、コミュニケーションをとることに困難を持つ方への支援と、地域社会への貢献を目的とした「ことばの相談室」が学内に設置されています。この生きた学内環境の中で、学生は1年次からインフォームド・コンセント(検査や治療の方針を患者様とそのご家族に説明し、同意を得た後に訓練すること)を行い、臨床現場で必要とされる基本的な知識や姿勢を学び、現場力を習得します。また、同時に、教員は個別でコミュニケーションを取る時の姿勢や、活動の記録の仕方等、きめ細かい指導を実施します。この学内実習が終了した後には「ことばの相談室症例報告会」を開催し、学生自身が振り返り学習をする機会を設けています。

卒業研究発表会

卒業研究 卒業研究

言語聴覚士学科(昼間部) 優秀演題

会場:大阪市中央公会堂

マスクが聞き取りに及ぼす影響について
― 聴覚障害者とのコミュニケーションにおいて医療従事者が心がけること ―

目的 医療従事者が患者と接する際、衛生的な面からマスクを着用することが多い。しかし、マスクは読唇を難しくしてしまう面がある。本研究では、そのマスクが患者とのコミュニケーションに与える影響について明らかにする。
研究方法 対象:大阪医療福祉専門学校の言語聴覚士学科の学生52名
方法:耳栓を着用し、騒音下で以下のように2度の聞き取りを実施する。
①話者がマスクを着用した状態での単語の聞き取り
②話者がマスクを着用していない状態での単語の聞き取り
結果・考察 ①(マスクあり)と②(マスクなし)の平均得点を比較したところ、25問中、①では11.9点、②では17.7点であり、有意差が認められた。また、実験後のアンケート調査で、口の動きを頼りに聞き取りを行っていたと自覚している調査協力者が全体の8割を超えていた。
まとめ 以上のことから、医療従事者は患者と接する際、マスクを外して患者と接することが望ましいと考えられる。しかしながら、衛生的な問題などから、それが不可能な場合がある。その際は、表現を豊かに、より丁寧にコミュニケーションを図ることが重要である。

在校生突撃インタビュー

言語聴覚士学科 N.Hさん

近畿大学 出身

学んだことを「ことばの相談室」で実践できるのが魅力です。

「聴覚検査」という授業では、実際に耳鼻科で働いている言語聴覚士の先生が指導してくれます。検査機器に触れる機会があるため、楽しみながら学んでいます。課題発表や検査練習、「ことばの相談室」実習など、グループで活動する機会が多く、メンバーと話し合ったり、準備したりする時間がとても楽しいです。

言語聴覚士 H.Kさん

千里金蘭大学 出身

大学で取得した管理栄養士の資格も生かして嚥下指導をしたい。

授業は初めて学ぶことが多く、幅広い分野の勉強をするので、短時間で理解するのは難しいですが、放課後に友達同士で教え合いながら、復習することで理解を深めています。大学を卒業する時に、卒業後は就職するか進学するかギリギリまで迷っていた私ですが、進学を選んで本当に良かったと思います。

言語聴覚士学科【昼間部2年制】の仲間たち

男女比率

男女比は約1:3
女性 76.5%
男性 23.5%

男性も多い!

女性が多いと思われがちの職種ですが、需要が高まっている現在、目指す男性も徐々に増えています。

学歴・社会人比率

全員が大卒以上
社会人経験者 60.3%
現役大学卒生 39.7%

社会人が多い!

本学科の受験資格は、4年制大学卒業見込みまたは卒業以上のいずれかに該当する方に認められています。

年代別比率

30歳以下が約80%
23〜25歳 55.9%
26〜30歳 25.0%
31〜35歳 14.7%
36〜40歳 2.9%
41歳〜 1.5%

年齢層が幅広い!

全員が大卒や社会人経験者なので、他の学科に比べて落ち着いた雰囲気で授業を受けられます。

資料請求とオープンキャンパス

PAGE TOP