視能訓練士学科/昼間部1年制 | 大阪医療福祉専門学校

情報公開 職業実践専門課程について

tel:0120-1298-59 問い合わせ 資料請求

視能訓練士学科 昼間部1年制

学科イメージ
  • 受験資格:学校教育法に基づく大学(短期大学を含む)または看護師養成所もしくは児童福祉法に基づく保育士を養成する学校、その他の施設において2年以上修業し、かつ、厚生労働大臣の指定する科目を修めた方。
    厚生労働大臣の指定する科目:1.外国語 2.心理学 3.保健体育 4.生物学 5.物理学 6.数学(統計学含む) 7.教育学・倫理学・精神衛生・社会福祉または保育の中から2科目の合計8科目
  • 1〜6は必須科目です。また、7の中から2科目選択する場合、社会福祉と保育との2科目では選択できません。
    (科目について不明点がある場合は、お問い合わせください)

培ってきた知識や経験をベースに、
医師の診療を支えるスペシャリストへ。

全国でも数少ない視能訓練士養成校全日制の1年制課程です。大学・短期大学、看護師・保育士を養成する学校で習得した知識や教養をベースに、これまで培ってきた社会経験を十分に活用できることが本学科の特長です。限られた時間を効率よく活かせるよう学習に集中できる環境を作り、確実に知識と技術が身につくカリキュラムでサポートしていきます。
また、医療従事者として臨機応変に対応できる力と、個々の患者様に合わせた接遇力を身につけ、自らの力を最大限に発揮できる人材に育てます。開設16年の実績から多くの卒業生を輩出しその活躍から眼科医療業界と深い信頼関係を構築している点も大きな特長です。

目指す資格

  • 視能訓練士(国家資格)大切な眼の健康を守る重要なお仕事です。

活躍のフィールド

  • 総合病院
  • 眼科専門病院
  • 眼科クリニックなど

不足科目の判定について >>

先輩Voice

独立行政法人国立病院機構 神戸医療センター 勤務 S.Tさん

視能訓練士学科/昼間部1年制
(2012年度卒業)

患者様から笑顔で“ありがとう”と
言われると視能訓練士として、
やりがいを感じます。

現在、職場では診療に来られた患者様への眼科検査全般に携わっています。視能訓練士という仕事は患者様との距離がとても近く、時に直接質問をされることもあります。その際、今までの経験や知識を活かしたうえで分かりやすく説明し、患者様に理解していただけるととても嬉しいです。今後も多くの経験を積み幅広い知識と技術を身につけることで、どんな患者様にも対応できるような視能訓練士を目指したいと思います。

授業の様子を動画でチェック

視能訓練士学科動画

授業科目と学校生活

  • 1年前期
  • 1年後期

1年次前期

  • 入学式
  • 眼科機器施設見学
  • 見学実習(2日間)
  • 学科レクリエーション
  • 臨地実習前試験
  • 校章授与式
カリキュラム例
専門基礎科目 人体の構造と機能
及び心身の発達
  • 解剖生理学
  • 解剖生理学実習
疾病と障害の成り立ち
及び回復過程の促進
  • 精神保健
  • 小児病学
  • 眼疾病学
  • 看護学概論
視覚機能の基礎と
検査機器
  • 物理学
  • 視器の解剖生理・病理学
  • 視器の解剖生理・病理学実習
保健医療福祉と視能障害の
リハビリテーション理念
  • 関係法規・医学概論
専門科目
  • 視能矯正学総論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
  • 視覚生理学
  • 視覚生理学実習
  • 生理光学
  • 生理光学実習
  • 眼科薬理学
  • 神経眼科学
  • 眼科薬理学・神経眼科学実習
  • 視能矯正学各論Ⅰ
  • 視能矯正学各論Ⅱ
pickup
眼疾病学

「眼疾病」と「眼に関わる全身疾病」を基礎から学びます。眼科を受診する患者様の疾病は多岐に渡ります。アレルギーや感染性疾患、外傷、加齢変化によるもの、高血圧や糖尿病など全身疾患を伴うこともあれば遺伝性や先天性疾患なども...。眼科に関わる様々な疾病について原因、病態、病状など広く学び、検査、治療へと繋がる知識を習得します。

視覚生理学

眼の機能や眼から脳への経路について学びます。視覚には明るさの感覚である「光覚」、色を感じる「色覚」、物の形を識別する「形態覚 」などがあります。これらの眼の感覚や「視野」、眼からの情報を脳へ送る経路などを学び、小さな眼球の大いなる働きを知りましょう!

生理光学実習

光学的な理論をしっかり学び、屈折検査の技術を高めます。屈折(視力)検査に始まって屈折検査で終わるというぐらい視能訓練士としての仕事の中でもっとも大切な検査です。光学的な理論をベースに実践につなげていきましょう。

視能矯正学各論Ⅰ

診断に必要な検査データを、正確に定量化する方法を学びます。斜視の特徴とその検査方法を学びます。斜視とは眼球の方向(眼位)がずれている状態のこと。棒プリズムを眼に合わせて眼位のずれを定量化します。その検査データを基に医師は診断と治療方針を決定します。正確なデータが出せるようにしっかりと学びましょう。

1年次後期

  • 臨地実習(14週間)
  • 卒業研究発表会
  • 滋慶統一模試
  • 臨地実習報告会
  • 国家試験
  • 卒業式
カリキュラム例
専門基礎科目 人体の構造と機能
及び心身の発達
  • 解剖生理学実習
  • 臨床心理学
視覚機能の基礎と
検査機器
  • 医療光学機器概論
  • 数学・統計・情報処理
保健医療福祉と視能障害の
リハビリテーション理念
  • 視覚障害総論
専門科目
  • 生理光学実習
  • 視能矯正学各論Ⅲ
  • 視能矯正学各論Ⅳ
  • 視能矯正学総論実習
  • 視能矯正学各論実習
臨地実習
  • 臨地実習(14週間)
その他演習科目
  • 国家試験対策演習

TIME TABLE

(例)
前期
09:00〜10:30 物理学 生理光学 視能矯正学各論Ⅰ 眼疾病学 解剖生理学実習 視覚生理学実習
(1組)
10:40〜12:10 眼科薬理学・
神経眼科学実習
生理光学 視能矯正学各論Ⅰ 神経眼科学 解剖生理学実習 視覚生理学実習
(1組)
13:00〜14:30 視覚生理学 視能矯正学総論Ⅰ 小児病学 視能矯正学総論Ⅳ 生理光学実習 視覚生理学実習
(2組)
14:40〜16:10 視覚生理学 視能矯正学総論Ⅰ 看護学概論 視能矯正学総論Ⅳ 生理光学実習 視覚生理学実習
(2組)

学びの特徴

授業 授業

充実した学外研修で、幅広い視野を身につける。

学内での講義や実習はもちろん、学外での研修も充実しています。ひとつは、眼科の検査機器や手術用装置、電子カルテシステムなどを製造する医療機器メーカーを訪問し、講義と最新機器での実習をさせていただいています。検査機器が日々進歩していることを実感するとともに、メーカー側からの講義は、普段の授業とは違った角度や視点で見るので、思考や視野が広がります。

企業訪問で、“現場の今”をしっかりと知る。

視覚障がい者に特化した、日常生活や社会参加の支援・福祉サービスを行う企業への見学も毎年実施します。視覚補助具を実際に見せていただき、患者様へどのようなロービジョンケアの提案が出来るかを考えます。

ここが違う

ここが違う

実習報告会で他の学生との知識の共有。
事前準備で、身につく説明力・プレゼン能力!

本学科では臨地実習と国家試験が終了した3月に「実習報告会」を実施しています。臨地実習中にお世話になった先生方をお迎えし、実習で学んだことや卒業研究で取り組んだ内容を発表する集大成の場です。自分自身で学んだ知識に加えて、他の学生の発表を聞くことによって、新たな気づきを得ることができます。また、発表時のスライドや原稿作成等の事前準備をすることで、説明力やプレゼンテーション能力を養うことができ、卒業後の活躍を見据えた取り組みとして実施しています。

卒業研究発表会

卒業研究 卒業研究

視能訓練士学科(昼間部1年制) 優秀演題

会場:大阪市中央公会堂

眼軸長と屈折異常の関係についての研究

目的 眼軸長(眼軸の長さ)に影響を及ぼす要因として、「屈折値」、「角膜曲率半径」、「身長」、「年齢」の4つに着目した。その4つの観点と眼軸長との関係を明らかにする。
研究方法 対象:大阪医療福祉専門学校の学生72名144眼。
方法:「年齢」と「身長」に関しては、調査協力者の申告による値を用いた。また、「屈折値」は測定機器を使用し、抽出した。その後、 統計分析を行った。
結果・考察 眼軸長と「曲率半径」、「年齢」、「身長」には相関関係が認められなかったものの、眼軸長と「屈折値」に強い相関関係が認められた。また、眼軸長と相関関係が最も強かった屈折異常は強度近視であった。
まとめ 今回、眼軸長と「屈折値」、「曲率半径」、「年齢」、「身長」について統計分析を行った。その結果、眼軸の長さが最も影響するのは、屈折異常の中でも強度近視であることが分かった。

在校生突撃インタビュー

視能訓練士学科/昼間部1年制
E.Aさん

同志社大学 出身

実際に臨床実習で実践することが
大切だと感じています。

医療系の仕事に憧れがあったことから視能訓練士という職業に興味を持ち、就職率の良い本校への入学を決めました。臨床実習では、学内実習で教えていただいたことを実践する機会も多く、説明の方法や患者様との接し方を学ぶことが必要だと改めて感じています。勉強量は多いですが、クラスメイトと協力し合いながら取り組んでいます。

視能訓練士学科/昼間部1年制
N.Yさん

関西学院大学 出身

結婚・出産後も働けるように、知識や
経験を積むことを心がけています。

オープンキャンパス時に、自分の検査が患者様の治療や未来につながる事に魅力を感じました。国家試験の合格率や就職率の良さが入学の決め手となりました。結婚や出産をした後も仕事と家事や育児を両立しながら働くことが目標です。そのために知識を増やし、自信を持って検査が出来るよう努めています。

視能訓練士学科【昼間部1年制】の仲間たち

男女比率

学生の約96%が女性
女性 96.2%
男性 3.8%

ほとんどが女子です!

本コースは、1年間で視能訓練士を目指せる全国でも数少ない学科です。

学歴・社会人比率

社会人経験者が8割以上
現役大学・短大・専門学校卒業生 17.0%
社会人経験者 83.0%

社会人がほとんど!

大学や看護師の養成校、社会人として現場で習得した知識や教養をもとに入学する学生ばかり。

年代別比率

30歳以下が約79%
21〜25歳 47.2%
26〜30歳 32.1%
31〜35歳 9.4%
36〜40歳 9.4%
41歳〜 1.9%

年齢層が幅広い!

他の学科やコースと比べて大卒や社会人経験者が多いので、学生の年齢層は幅広い。

資料請求とオープンキャンパス
資料請求はこちらオープンキャンパス

PAGE TOP