視能訓練士学科/昼間部3年制 | 大阪医療福祉専門学校

情報公開 職業実践専門課程について

tel:0120-1298-59 問い合わせ 資料請求

視能訓練士学科 昼間部3年制

学科イメージ
  • 受験資格:高等学校卒業見込み者・高等学校卒業以上

現場に強い技術と知識を習得し、
医師の診療を支えるスペシャリストへ。

視能訓練士とは眼科医のパートナーとして活躍する眼の専門技術者のこと。パソコンやテレビゲームなどの使用により、現代人ならではの眼の病気も増加しており、視能訓練士のニーズはますます高まってきています。
本学科のカリキュラムは基礎教養科目・専門基礎科目・専門科目と無理なく段階的にステップアップできる構成となっています。また、少人数での「検影法」実技マイスター教育システムで特殊技能を習得するほか、患者様に対して的確に向き合える説明力を身につけるため、充実した実習時間を設けています。

目指す資格

  • 視能訓練士(国家資格)大切な眼の健康を守るお仕事です。
  • 視覚障がい者ガイドヘルパー(大阪府指定 同行援護従事者養成研修)
  • 医科医療コンピュータ検定試験2級(日本医療事務検定協会認定)

活躍のフィールド

  • 総合病院
  • 眼科専門病院
  • 眼科クリニックなど

先輩Voice

社会医療法人 愛仁会 高槻病院 勤務 Y.Kさん

視能訓練士学科/昼間部3年制
(2015年度卒業)

多くの患者様に接することで
経験を積んで、結婚後も視能訓練士として働くのが夢です。

現在の職場は医師と視能訓練士、そして看護師など、他のスタッフの方たちと連携が取りやすい環境です。仕事では患者様から検査に対するお礼の言葉を頂いたり、眼鏡合わせをした小児患者の視力がその眼鏡により向上した症例など、毎日やりがいを感じながら仕事をしています。今後はたくさんの患者様に接して経験を積み、 結婚や育児で自分の環境に変化があっても資格を活かして働き続けたいです。

授業の様子を動画でチェック

視能訓練士学科動画

授業科目と学校生活

  • 1年前期
  • 1年後期
  • 2年前期
  • 2年後期
  • 3年前期
  • 3年後期

1年次前期

  • 入学式
  • 新入生研修
  • 新入生歓迎会
  • 視覚障がい者ガイドヘルパー講座
カリキュラム例
基礎科目 科学的思考の基礎・
人間と生活
  • 教育学
  • スポーツと健康Ⅰ
  • 英語Ⅰ
  • 基礎教養Ⅰ
  • 人間関係論Ⅰ
専門基礎科目 人体の構造と機能
及び心身の発達
  • 解剖生理学Ⅰ
  • 心理学
  • 生物学Ⅰ
疾病と障害の成り立ち
及び回復過程の促進
  • 公衆衛生
  • 精神保健
視覚機能の基礎と
検査機器
  • 視器の解剖生理・病理学Ⅰ
  • 視器の解剖生理・病理学実習
保健医療福祉と視能障害の
リハビリテーションの理念
  • 関係法規・医学概論
専門科目 基礎視能矯正学
  • 視覚生理学Ⅰ
  • 生理光学Ⅰ
  • 視能矯正学総論Ⅰ
  • 視能矯正学総論Ⅱ

1年次後期

  • 幼稚園実習
  • 見学実習(1週間)
  • 学科イベント
カリキュラム例
基礎科目 科学的思考の基礎・
人間と生活
  • スポーツと健康Ⅱ(実習)
  • 英語Ⅱ
  • 基礎教養Ⅱ
  • 人間関係論Ⅱ
専門基礎科目 人体の構造と機能
及び心身の発達
  • 解剖生理学Ⅱ(実習)
  • 生物学Ⅱ
疾病と障害の成り立ち
及び回復過程の促進
  • 眼疾病学Ⅰ
視覚機能の基礎と
検査機器
  • 数学・統計学
  • 視器の解剖生理・病理学Ⅱ
保健医療福祉と視能障害の
リハビリテーションの理念
  • 保育(発達)
  • 視覚障害総論演習
専門科目 基礎視能矯正学
  • 物理学
  • 視能矯正学総論Ⅲ
視能検査学
  • 視覚生理学Ⅱ
  • 生理光学Ⅱ
視能訓練学・
視能訓練実習
  • 視能矯正学各論Ⅰ
臨地実習
  • 臨地実習(1週間)
その他演習科目
  • 国家試験対策演習Ⅰ
pickup
生理光学Ⅱ

視力検査の手順を基本から丁寧に学び、実践力を身につけます。視力検査は視機能を評価するうえで最も基本的かつ重要な検査です。簡単に見えますが実は物理光学の知識が必要な難しい検査のひとつです。一つひとつの手順をしっかり繰り返し練習し、身につけていくことが大切です。

2年次前期

  • 検定試験(JESC認定 生理光学検定)
カリキュラム例
基礎科目 科学的思考の基礎・
人間と生活
  • 医療倫理学
  • 英語Ⅲ
  • 医療事務総論演習Ⅰ
専門基礎科目 疾病と障害の成り立ち
及び回復過程の促進
  • 眼疾病学Ⅱ
視覚機能の基礎と
検査機器
  • 情報科学
  • 視器の解剖生理・病理学Ⅲ
保健医療福祉と視能障害の
リハビリテーションの理念
  • 視覚障害総論(法律・等級・補助具)
専門科目 視能検査学
  • 視覚生理学Ⅲ
  • 生理光学Ⅲ
  • 医療光学機器概論
  • 視能検査学Ⅰ
  • 視能検査学Ⅱ
  • 視能検査学実習Ⅰ
  • 視能検査学総合実習Ⅰ
視能障害学
  • 神経眼科学Ⅰ
視能訓練学・
視能訓練実習
  • 視能矯正学各論Ⅱ
その他演習科目
  • 国家試験対策演習Ⅱ
  • 研究方法論Ⅰ
pickup
視器の解剖生理・病理学Ⅲ

医師の診断に不可欠な検査とその結果の読み方を学びます。この授業では眼圧検査や涙液検査など、眼の前方部分に関わる検査について学びます。緑内障やドライアイなど、よくある疾患の診断のために必要な検査で、視能訓練士は医師が診断するうえで必要な検査結果を揃えます。

2年次後期

  • 検定試験(医科医療コンピュータ検定)
  • 臨地実習(4週間)
  • 幼稚園実習
  • 学科イベント
  • 学会参加(日本視能矯正学会)
カリキュラム例
基礎科目 科学的思考の基礎・
人間と生活
  • 英語Ⅳ
  • 文章表現
  • 医療事務総論演習Ⅱ
  • キャリアマネジメント論
  • 医療管理総論
専門基礎科目 疾病と障害の成り立ち
及び回復過程の促進
  • 全身疾病学
保健医療福祉と視能障害の
リハビリテーションの理念
  • 看護学概論
専門科目 視能検査学
  • 視覚生理学実習
  • 生理光学実習
  • 視能検査学実習Ⅱ
  • 視能検査学総合実習Ⅱ
視能障害学
  • 眼科薬理学
  • 神経眼科学Ⅱ
視能訓練学・
視能訓練実習
  • 視能矯正学各論Ⅲ
臨地実習
  • 臨地実習(4週間)
その他演習科目
  • 国家試験対策演習Ⅲ
  • 研究方法論Ⅱ
pickup
視覚生理学実習

正確な診断結果を出すための、超音波を使った検査を学びます。超音波検査で、聞こえない音波を出してその反応から眼球の中の状態を画像でみることができます。
患者様に負担の少ない検査で、網膜剥離や硝子体出血などの診断に有用です。視能訓練士は眼の解剖や病気のことを熟知した上で正しい検査結果を出すことができます。

3年次前期

  • 海外研修
  • 臨地実習(9週間)
カリキュラム例
専門科目 視能検査学
  • 視能検査学総合実習Ⅲ
臨地実習
  • 臨地実習(9週間)
その他演習科目
  • 国家試験対策演習Ⅳ
  • 卒業研究Ⅰ

3年次後期

  • 保育園・幼稚園実習
  • 学科イベント
  • 滋慶統一模試
  • 卒業研究発表会
  • 国家試験
  • 卒業式
カリキュラム例
専門基礎科目 疾病と障害の成り立ち
及び回復過程の促進
  • 社会福祉
  • 臨床心理学
専門科目 視能検査学
  • 視能検査学Ⅲ
  • 視能検査学総合実習Ⅳ
視能訓練学・
視能訓練実習
  • 視能矯正学各論Ⅳ
  • 視能矯正学各論Ⅴ
  • 視能矯正学各論実習
その他演習科目
  • 国家試験対策演習Ⅴ
  • 卒業研究Ⅱ
pickup
視能矯正学各論実習

専門機器の仕組みを理解し、実際の訓練方法を習得します。斜視や弱視の子供が良好な両眼視機能を獲得するためには、早期に問題を発見し訓練を行うことが重要です。訓練に使用する大型弱視鏡の仕組みを理解し、訓練の方法について学びます。

TIME TABLE

(例)
2年生後期
09:00〜10:30 眼科薬理学 英語Ⅳ 文章表現 視能検査学総合
実習Ⅱ
全身疾病学
10:40〜12:10 視能矯正学各論Ⅲ 医療管理総論 視能検査学
実習Ⅱ
視能検査学総合
実習Ⅱ
全身疾病学
13:00〜14:30 視覚生理学実習 生理光学実習 神経眼科学Ⅱ キャリア
マネジメント論
医療事務総論
演習Ⅱ
14:40〜16:10 研究方法論Ⅱ 生理光学実習 神経眼科学Ⅱ 国家試験対策
演習Ⅲ
医療事務総論
演習Ⅱ

学びの特徴

授業 授業

「情熱教室」で技術力と考える力を身につける

プロの検査技術を学生に伝授する時間として、授業後に「情熱教室」を開催しています。見て学び、そしてすぐに実践し技術を確実に身につけます。検査終了まで、教員がマンツーマンで見守り指導を行います。検査終了後は、結果を見ながら振り返りをします。技術の向上はもちろん、その患者様が日常困っていることはどんなことが考えられるか、追加の検査は何をすればよいかなど幅広く考える力も身につけます。

“検査の実習参観”で、検査の難しさを体験。

1年次と2年次では、学生のご家族を対象にした「検査の実習参観」を実施しています。両親や兄弟、祖父母といったさまざまな年代の方に患者役になっていただき、学生が実際に検査を行います。学生は、患者様一人ひとりに合った説明や声かけの難しさを学び、ご家族には、学校での様子や成長を見ていただける絶好の機会になっています。

授業 授業

ここが違う

保育園・幼稚園への検査実習で、視能訓練士に必要なコミュニケーション能力がアップ!

毎年、秋の恒例行事として、保育園と幼稚園へ実習に行っています。学生が出向き、園児たちに裸眼視力検査と立体視検査を行います。園児の目線に立ってわかりやすく検査方法を説明することは大変難しいですが、飽きずに楽しみながら検査を受けてもらえるように、話し方や表情にまで気を配ります。実習へ行く前には学年を越えた合同実習で準備をします。先輩学生が行うスムースな検査や、園児を想定した明るく優しい声かけを後輩学生が学び、先輩学生は後輩に説明をすることでより理解を深めます。

卒業研究発表会

卒業研究 卒業研究

視能訓練士学科(昼間部3年制) 優秀演題

会場:大阪市中央公会堂

コントラストと読書速度の関係性
― ロービジョン患者の読書環境向上のために ―

目的 臨床現場では白地に黒文字の検査表が一般的である。しかし、ロービジョン患者が見やすいと感じる色のコントラストは依然と一貫した通説がない。そこで、本研究では実際にどのようなコントラストが検査表として有効的なのかを明らかにする。
研究方法 対象:大阪医療福祉専門学校視能訓練士学科3年制の学生20名20眼。
方法:ミネソタ読書チャート(読書能力を測定する道具)を参考に、「白地に黒文字」、「黒地に白文字」、「黄色地に黒文字」のコントラストを作成し、読書速度を測った。また、その後、自覚的なアンケート調査を行った。
結果・考察 以上のコントラストの中では、「黒地に白文字」が最も速い読書速度だった。調査協力者に見え方を問うたアンケートでも、調査と同様に「黒地に白文字」のコントラストが最も見やすいという結果となった。
まとめ 調査の結果から、普段使用する本や教科書のコントラストを変えることにより、ロービジョン患者の読書環境の向上、また、読書によるストレスを軽減させることができるといえる。

在校生突撃インタビュー

視能訓練士学科/昼間部3年制
N.Sさん

大阪府立和泉高等学校 出身

幼い頃お世話になった視能訓練士に私もなれるよう頑張ります。

人と関わりたい、人を助けたいという思いから医療職を目指すことに決めました。進路を考える際に、子供の頃斜視になって不安だった私に、優しく接してくれた視能訓練士さんに憧れていたことを思い出しました。視能訓練士の資格を取得できる学校を実際に見て回り、資格を取得するためのサポートがとても充実している本校に入学を決めました。

視能訓練士学科/昼間部3年制
I.Kさん

兵庫県立川西北陵高等学校 出身

患者様の不安な心もサポートできる視能訓練士になりたいです。

中学生の時に目の病気で手術を受けて、視能訓練士さんにとてもお世話になりました。自分も人の役に立ち、心もサポートすることができる視能訓練士になりたいと思っています。設備が整っており、実際に病院で使用する機器を使っての実習を通して、憧れの視能訓練士に近づいていると実感することができます。

視能訓練士学科【昼間部3年制】の仲間たち

男女比率

男女比は約1:9
女性 91.2%
男性 8.8%

男性も多い!

現代人ならではの眼の病気も増加しており、この職種を目指す男性が少しずつ増加している。

学歴・社会人比率

高卒〜大卒が約90%
現役高校卒業生・浪人生 87.7%
現役大学・短大・専門学校卒業生 2.6%
社会人経験者 9.7%

高校卒が一番多い!

近年注目の資格だけあって、社会に出る前から目的を持ってこの資格を目指す高校生が多い。

年代別比率

学生は全員30歳以下
19〜25歳 99.1%
26〜30歳 0.9%

同世代がほとんど!

医療系の専門学校は年齢層が高いと思われるかもしれませんが、同世代の学生がほとんど。

PAGE TOP