診療情報管理士コース/昼間部3年制 | 大阪医療福祉専門学校

情報公開 職業実践専門課程について

tel:0120-1298-59 問い合わせ 資料請求

診療情報管理士学科 診療情報管理士コース 昼間部3年制

学科イメージ
  • 受験資格:高等学校卒業見込み者・高等学校卒業以上

医師を情報技術で支えるスペシャリストへ。

医療現場から診療情報管理士の業務として強く求められているコーディング、DPC業務、マーケティングデータ分析やがん登録等の知識を確実に習得し、即戦力として活躍できる人材を育成しています。
また、診療行為の情報を電子カルテの中で適切に管理・分析ができる知識・技術を習得することにより、医療事故等が起こらないように病院内の安全を管理することができ、更には病院の経営にまで携わることができます。
このようなハイレベルな能力を有して就職活動を行いますので、医療機関の人事担当者からは絶対的な信頼を得ています。

目指す資格

  • 診療情報管理士ITを使った最先端のお仕事です! (日本病院会、全日本病院協会、日本医療法人協会、日本精神科病院協会、医療研修推進財団の5団体認定)
  • 診療報酬請求事務能力 認定試験(医科)(日本医療保険事務協会認定)
  • Microsoft Office Specialist 検定(マイクロソフト社主催)
  • 医療秘書技能検定 3級(医療秘書教育全国協議会主催)
  • 語彙読解力検定3級・準2級(朝日新聞×Benesse 主催)
  • 短期大学卒業資格※自由が丘産能短期大学 通信教育課程の併修で取得可能

活躍のフィールド

  • 特定機能病院
  • 総合病院
  • 各種専門病院 など

先輩Voice

独立行政法人 国立病院機構 大阪南医療センター 勤務 S.Sさん

診療情報管理士学科
(2007年度卒業)

職場でのコミュニケーションを
大切にし、円滑な業務ができるよう
心がけています。

診療情報管理士は、診療行為を行うと必ず必要となる診療録を扱います。基本的に事務作業の多い職種ですが、正しい情報を管理し提出することで、これからの日本の医療の質が向上していくと考えて、日々の業務に励んでいます。仕事を円滑に進める上ではさまざまな方々とコミュニケーションを図る必要があるため、在学中に他職種を目指す学生と一緒に授業を受けた経験や、学校から紹介していただいたアルバイト先での経験が非常に役立っていると感じています。

授業の様子を動画でチェック

診療情報管理士学科動画

授業科目と学校生活

  • 1年前期
  • 1年後期
  • 2年前期
  • 2年後期
  • 3年前期
  • 3年後期

1年次前期

  • 入学式
  • 新入生研修
  • 慢性期医療展
  • 医療秘書技能検定試験(3級)
  • 語彙読解力検定試験(3級)
カリキュラム例
一般教養科目
  • 情報処理演習Ⅰ
  • 文章表現(語彙読解力)
医療教養科目
  • 診療報酬請求事務
  • 医療秘書技能検定試験対策(医療実務系科目)
  • 医療秘書技能検定試験対策(医学系科目)
診療情報管理士科目 基礎科目
  • 医療概論
  • 人体構造・機能論
  • 医学・医療用語
専門科目
  • 医療管理総論
  • 医療管理各論Ⅰ
通信制短期大学
併修科目
  • 必修科目対策
  • 選択科目対策
  • スクーリング科目対策

1年次後期

  • 語彙読解力検定試験(準2級)
  • 学科イベント
  • 病院見学
カリキュラム例
一般教養科目
  • 情報処理演習Ⅰ
  • 文章表現(語彙読解力)
  • 英会話
医療教養科目
  • 診療報酬請求事務
  • 医療秘書技能検定試験対策(医療実務系科目)
  • 医療秘書技能検定試験対策(医学系科目)
  • 診療報酬請求事務能力認定試験対策
  • チーム医療論
診療情報管理士科目 基礎科目
  • 臨床医学総論
  • 臨床医学各論Ⅰ
  • 臨床医学各論Ⅱ
専門科目
  • 診療情報管理論Ⅰ
分類法
  • 国際統計分類Ⅰ
通信制短期大学
併修科目
  • 必修科目対策
  • 選択科目対策
  • スクーリング科目対策

2年次前期

  • 診療報酬請求事務能力認定試験
  • 学科イベント
カリキュラム例
一般教養科目
  • 情報処理演習Ⅱ
  • MOS検定対策
  • 問題解決力ワーク
医療教養科目
  • 診療報酬請求事務
診療情報管理士科目 基礎科目
  • 臨床医学各論Ⅲ
  • 臨床医学各論Ⅳ
  • 臨床医学各論Ⅴ
専門科目
  • 医療管理各論Ⅱ
  • 診療情報管理論Ⅱ
  • 医療統計学Ⅰ
  • 保健医療情報学
分類法
  • 国際統計分類Ⅱ
通信制短期大学
併修科目
  • 必修科目対策
  • 選択科目対策
  • スクーリング科目対策
pickup
診療報酬請求事務

医療費の計算方法や、医療保険の仕組みを習得します。私たちが病院にかかったときに支払うお金の計算方法、医療保険の仕組みを学んでいきます。電卓や診療点数早見表を用いてレセプトと呼ばれる診療報酬明細書を作成する実技形式の大人気の授業ですよ!

臨床医学各論Ⅲ

正しい検査・治療法を出すために、身体の特徴を学びます。血液や代謝、内分泌などの障がいで起こる病気や検査、治療方法などを学びます。これらの障がいは全身に影響が出ることもあるので、 その特徴をしっかりと理解しよう!

2年次後期

  • Microsoft Office Specialist 検定試験
  • 卒業研究事前指導
カリキュラム例
一般教養科目
  • 情報処理演習Ⅱ
  • MOS検定対策
  • 英会話
  • 卒業研究(事前指事)
医療教養科目
  • 診療報酬請求事務
診療情報管理士科目 基礎科目
  • 臨床医学各論Ⅵ
  • 臨床医学各論Ⅶ
  • 臨床医学各論Ⅷ
専門科目
  • 医療管理各論Ⅲ
  • 診療情報管理論Ⅲ
  • 医療統計学Ⅱ
通信制短期大学
併修科目
  • 必修科目対策
  • 選択科目対策
  • スクーリング科目対策

3年次前期

  • 卒業研究
  • 海外研修
  • 病院実習(4週間)
  • 診療情報管理士模試
カリキュラム例
一般教養科目
  • 卒業研究
  • 情報処理演習Ⅲ
医療教養科目
  • がん登録
  • 病院実習事前指導(文章)
診療情報管理士科目 基礎科目
  • 診療情報管理士試験対策(基礎)
専門科目
  • 診療情報管理士試験対策(専門)
  • 病院実習事前指導(マナー)
  • 病院実習(4週間)
通信制短期大学
併修科目
  • 必修科目対策
  • 選択科目対策
  • スクーリング科目対策
pickup
情報処理演習Ⅲ

電子カルテを使った情報管理・分析方法を学びます。医療情報システムについての理解を深めるために、実際の電子カルテを用いた演習を行います。医師の代行として入力することも増えていますので、実践力を身につけましょう。

がん登録

がん対策事業に貢献できる人材を育成します。2016年1月に「がん登録」が法制化され、病院では必須業務となりました。これによって実務者向けに多くの研修会が実施されています。この授業では実務者研修の内容も踏まえて学び、即戦力として活躍できるがん登録士を目指します。

3年次後期

  • 卒業研究発表会
  • 診療情報管理士模試
  • 診療情報管理士試験
  • 卒業式
カリキュラム例
一般教養科目
  • 卒業研究
医療教養科目
  • がん登録
  • DPC演習
  • 医療安全学
診療情報管理士科目 基礎科目
  • 診療情報管理士試験対策(基礎)
専門科目
  • 診療情報管理士試験対策(専門)
  • 病院実習事後指導
通信制短期大学
併修科目
  • 必修科目対策
  • 選択科目対策
  • スクーリング科目対策

TIME TABLE

(例)
2年生前期
09:00〜10:30 診療報酬請求事務 医療統計学Ⅰ 臨床医学各論Ⅴ 臨床医学各論Ⅲ MOS検定対策
10:40〜12:10 診療報酬請求事務 保健医療情報学 臨床医学各論Ⅴ 臨床医学各論Ⅲ MOS検定対策
13:00〜14:30 国際統計分類Ⅱ 臨床医学各論Ⅳ 医療管理各論Ⅱ 診療情報管理論Ⅱ 情報処理演習Ⅱ
14:40〜16:10   臨床医学各論Ⅳ   診療情報管理論Ⅱ  

学びの特徴

授業 授業

3年間一貫教育で、じっくりプロを養成。

近年の医療制度や技術の高度化により、診療情報管理士の診療への関わりや病院経営への参画の期待が高まってきています。そこで、本コースでは3年をかけてじっくり育てる「3年間一貫教育」のメリットを最大限に活かしたカリキュラムを構成しています。毎年診療情報管理士試験で高い合格率を誇っていることがそれを証明しています。

“検査の実習参観”で、検査の難しさを体験。

また、診療情報管理士に求められる、DPC演習やがん登録、Microsoft Access演習、応用医療事務の授業を多く取り入れ、医療現場の最前線で活躍する講師陣が徹底指導することで、即戦力以上の人材を育成します。

授業 授業

ここが違う

学んだ知識を体感につなげる授業形式で、
目標の実現に向けて主体的に取り組む人材育成を!

“生きた授業”を行うことで、教科書で学んだ知識を新鮮なうちに体感できます。
例えば、1年次より実施する「特別講義」では、現役の診療情報管理士を指導する資格を持つ診療情報管理士指導者(※)を講師に招き、医療現場や業界の現状、資格試験への心構えなどを教えていただきます。また、実際に医療機関を訪問して現場スタッフの講義を受け、最新の設備や機器に触れるケースもあります。
このような経験を積むことで、自ら具体的な将来像を設定し、目標の実現へ向けて主体的に取り組める人材を育成しています。

  • 洛和会音羽病院 医療情報・がん登録統計課 主席課長 橋本昌浩先生(2016年度)

卒業研究発表会

卒業研究 卒業研究

診療情報管理士学科(診療情報管理士コース) 優秀演題

会場:大阪市中央公会堂

環境によるうつ病発症率の違い
― 日照時間や環境によってのうつ病発症率の違いについて ―

目的 うつ病は土地環境によって発症率に差が生じると考えられている。本研究では、地域環境によるうつ病発症率の違いを「気温」や「環境」の観点から文献調査し、それらの結果により今後望まれる地域別のうつ病対策を検討する。
研究方法 対象:都道府県別の人口1万人あたりのうつ病患者数。(厚生労働省の調査より)
方法:うつ病発症率の地域差を一日あたりの日照時間の観点から比較・分析する。
結果・考察 北海道、秋田県など、比較的気温の低い地域においてうつ病発症率が高い傾向があった。しかし、例外的に鹿児島県奄美市は温暖な地域であるにも関わらず、うつ病発症率が高かった。気温だけがうつ病発症率に関わる中心的要素ではなく、「日照時間」が大きくうつ病発症率に影響を与えていることが分かった。
まとめ その地域の気温に加え、一日の「日照時間」がうつ病発症率に影響を与えていることが分かった。そのため、うつ病予防のために極力日光を浴びることが重要だと言える。それによって、うつ病予防に効果的とされるセラトニンの分泌を促進することができる。

在校生突撃インタビュー

診療情報管理士学科 S.Aさん

岡山県美作高等学校 出身

分かりやすい充実した授業で
仲間もいるから頑張れます。

入学を決めた理由は資格取得率の高さです。検定試験のための対策授業が充実していて、取得しやすいと思います。将来は病院で診療情報管理士になることが夢なので、電子カルテなど事務の勉強はもちろん、身体のこともしっかり学べるこの学校が気に入っています。授業で分からない点は先生がしっかりサポートしてくれるので、安心です。

診療情報管理士学科 Y.Sさん

大阪府立福泉高等学校 出身

資格を多く取得し、信頼される
診療情報管理士を目指しています。

就職率の高さと、多くの資格を取得できることが入学の決め手となりました。電子カルテを扱う職業に就くために「総合医療事務」など役立つ科目があり、先生方は自身の体験談なども教えてくれるので、授業にも集中できます。学校行事など友達と交流する機会がたくさんあり、充実した学生生活を送っています。

診療情報管理士学科の仲間たち

男女比率

男女比は約4:6
女性 55.7%
男性 44.3%

男性も多い!

女性が多い医療事務系の中でも、上級資格である診療情報管理士は男性が目指すケースも多いことが特徴。

学歴・社会人比率

ほとんどが高卒〜大卒
現役高校卒業生・浪人生 96.2%
現役大学・短大・専門学校卒業生 0.8%
社会人経験者 3.0%

高校卒が一番多い

近年注目の資格だけあって、社会に出る前から目的を持ってこの資格を目指す高校生が多い。

年代別比率

学生は全員30歳以下
19〜25歳 99.2%
26〜30歳 0.8%

同世代がほとんど!

医療系の専門学校は年齢層が高いと思われるかもしれませんが、同世代の学生がほとんど。

資料請求とオープンキャンパス
資料請求はこちらオープンキャンパス

PAGE TOP