診療情報管理士学科 医療情報技師コース/昼間部3年制+専攻科1年制 | 大阪医療福祉専門学校

情報公開 職業実践専門課程について

tel:0120-1298-59 問い合わせ 資料請求

診療情報管理士学科 医療情報技師コース 昼間部3年制+専攻科1年制

学科イメージ
  • 受験資格:高等学校卒業見込み者・高等学校卒業以上

IT分野の知識と診療情報管理の知識を兼ね備え、
これからの医療をリードしていける人材を育成します。

診療情報管理士に加えて、医療情報技師の取得を目指すことで、より情報処理に精通したプロフェッショナルを育成します。病院内では、電子カルテの導入が進んでいます。診療情報の管理はもちろんのこと、電子カルテのソフトウェアやハードウェアの開発・運営・メンテナンスにまで精通することで、総合的な情報管理を可能にします。また、医療マーケティングなど経営戦略に関する知識を身に付けることで、病院の経営を支える人材を目指します。4年間かけてじっくりと勉強できることはもちろん、大学卒業の資格を取得できる点も大きな魅力です。

目指す資格

  • 診療情報管理士(日本病院会、全日本病院協会、日本医療法人協会、日本精神科病院協会、医療研修推進財団の5団体認定)
  • 医療情報技師(日本医療情報学会主催)※医療情報システムの開発・運営保守の資格です
  • 診療報酬請求事務能力認定試験(医科)(日本医療保険事務協会主催)
  • 医療秘書技能検定3級(医療秘書教育全国協議会主催)
  • ITパスポート(国家資格)
  • 語彙読解力検定3級・準2級(朝日新聞×Benesse主催)
  • Microsoft Office Specialist検定 (マイクロソフト社主催)
  • 大学卒業資格※産業能率大学 通信教育課程の併修で取得可能

活躍のフィールド

  • 特定機能病院
  • 地域医療支援病院
  • 総合病院
  • 医療システム管理会社  など
これからは電子カルテ時代 医療情報技師のニーズ

業界の声

今後の医療情報技師のニーズは?

現在の医療業界ではカルテの電子化・IT化が急速に進んでいます。電子カルテの修復やデータベースの構築などのIT業務に携われる人材が非常に求められています。医療の知識を持ちながら、医療情報技師としてITシステムに関わる業務ができる人材を求めるニーズは、今後ますます高まると思います。

仕事をしていてやりがいを感じるところは?

病院内で他の医療スタッフと協力できることはもちろん、ITシステム管理会社の方と専門的な話ができることです。また、病院経営に携われることにも大きなやりがいを感じています。

医療情報技師が診療情報管理士の資格を取得するメリットは?

サーバーの仕組みや医療情報システムの成り立ちを理解して電子カルテのデータを扱うことができるところです。これは診療情報管理士の知識だけでは難しい仕事です。さらに、専門的なことに関してもITシステム管理会社の方と対等に話し合うことができ、病院経営のためのデータや分析資料を迅速に作成できる医療情報技師の存在は大きいです。

高校生へのメッセージをお願いします。

医療情報技師の資格を取ることで即戦力への道が拓けると同時に、やりがいの幅も広がります。また、大学卒業資格を持っていることは、就職にも有利になります。コンピュータや医療に興味のある方は、ぜひチャレンジしてほしいです。

授業の様子を動画でチェック

診療情報管理士学科動画

先輩Voice

WINTEC JAPAN株式会社 勤務 T.Iさん

診療情報管理士学科
(2016年度卒業)

仕事の幅を広げて、将来はチームリーダーとして医療の現場で活躍したいです。

高校生の頃からパソコン操作が好きでした。医療と福祉の知識を学んだ経験にプラスして、医療情報技師は私が好きなコンピュータにも深く携わることが出来るので、仕事の幅が広がってやりがいのある仕事だと思っています。4月から就職しますが、日々進歩するIT技術や医療情報の勉強を続けていこうと思っています。将来は、医療の現場でチームリーダーとして活躍する「私の夢」に向かって頑張っています。

授業科目と学校生活

  • 1年前期
  • 1年後期
  • 2年前期
  • 2年後期
  • 3年前期
  • 3年後期
  • 専攻科 前期
  • 専攻科 後期

1年次前期

  • 入学式
  • 新入生研修
  • 慢性期医療展
  • 医療秘書技能検定試験(3級)
  • 語彙読解力検定試験(3級)
カリキュラム例
総合科目 一般教養科目
  • 情報処理演習Ⅰ
  • 文章表現(語彙読解力)
医療教養科目
  • 診療報酬請求事務
  • 医療秘書技能検定試験対策(医療実務系科目)
  • 医療秘書技能検定試験対策(医学系科目)
診療情報管理士科目 基礎科目
  • 医療概論
  • 人体構造・機能論
  • 医学・医療用語
専門科目
  • 医療管理総論
  • 医療管理各論Ⅰ
産能大学併修科目
  • 必修科目対策
  • 選択科目対策
  • スクーリング科目対策

1年次後期

  • 語彙読解力検定試験(準2級)
  • 学科イベント
  • 病院見学
カリキュラム例
総合科目 一般教養科目
  • 情報処理演習Ⅰ
  • 文章表現(語彙読解力)
  • 英会話
医療教養科目
  • 診療報酬請求事務
  • 医療秘書技能検定試験対策(医療実務系科目)
  • 医療秘書技能検定試験対策(医学系科目)
  • 診療報酬請求事務能力認定試験対策
  • チーム医療論
診療情報管理士科目 基礎科目
  • 臨床医学総論
  • 臨床医学各論Ⅰ
  • 臨床医学各論Ⅱ
専門科目
  • 診療情報管理論Ⅰ
分類法 国際統計分類Ⅰ
産能大学併修科目
  • 必修科目対策
  • 選択科目対策
  • スクーリング科目対策

2年次前期

  • 診療報酬請求事務能力認定試験
  • 学科イベント
カリキュラム例
総合科目 一般教養科目
  • 情報処理演習Ⅱ
  • MOS 検定対策
  • 問題解決力ワーク
医療教養科目
  • 診療報酬請求事務
診療情報管理士科目 基礎科目
  • 臨床医学各論Ⅲ
  • 臨床医学各論Ⅳ
  • 臨床医学各論Ⅴ
専門科目
  • 医療管理各論Ⅱ
  • 診療情報管理論Ⅱ
  • 医療統計学Ⅰ
分類法
  • 国際統計分類Ⅱ
産能大学併修科目
  • 必修科目対策
  • 選択科目対策
  • スクーリング科目対策
pickup
情報処理演習Ⅱ

情報処理を基礎から学びます。ワードやエクセル等実務に不可欠なPCスキルを身につけることから始めます。普段馴染みのないPC用語はなかなか理解することが難しいですが、少しずつ基礎的な知識から身につけていくことで、無理なく勉強することができます。また、診療情報管理に欠かせない電子カルテシステムとも関連付けて学べることも魅力です。

2年次後期

  • Microsoft Office Specialist検定試験
  • 卒業研究事前指導
カリキュラム例
総合科目 一般教養科目
  • 情報処理演習Ⅱ
  • MOS検定対策
  • 英会話
  • 卒業研究(事前指導)
医療教養科目
  • 診療報酬請求事務
診療情報管理士科目 基礎科目
  • 臨床医学各論Ⅵ
  • 臨床医学各論Ⅶ
  • 臨床医学各論Ⅷ
専門科目
  • 医療管理各論Ⅲ
  • 診療情報管理論Ⅲ
  • 医療統計学Ⅱ
  • 保健医療情報学
産能大学併修科目
  • 必修科目対策
  • 選択科目対策
  • スクーリング科目対策

3年次前期

  • 業界研修参加
  • 卒業研究
  • 海外研修
  • 病院実習(4週間)
  • 診療情報管理士模試
カリキュラム例
総合科目 一般教養科目
  • 卒業研究
  • 情報処理演習Ⅲ
医療教養科目
  • がん登録
  • 病院実習事前指導(文章)
診療情報管理士科目 基礎科目 診療情報管理士試験対策(基礎)
専門科目
  • 診療情報管理士試験対策(専門)
  • 病院実習事前指導(マナー)
  • 病院実習(4週間)
産能大学併修科目
  • 必修科目対策
  • 選択科目対策
  • スクーリング科目対策
pickup
病院実習事前指導(マナー)

病院実習前の準備として社会人基礎力を身につけます。病院実習を行う前の準備として、社会人としての礼儀・マナーや挨拶などを身につける授業です。ロールプレイ方式で、自分の長所や短所を把握します。就職にもつながる大事な実習のため、準備は大切です。

3年次後期

  • 業界研修参加
  • 卒業研究発表会
  • 診療情報管理士模試
  • 診療情報管理士試験
  • 卒業式(本科卒業)
カリキュラム例
総合科目 一般教養科目
  • 卒業研究
医療教養科目
  • がん登録
  • DPC演習
  • 医療安全学
診療情報管理士科目 基礎科目
  • 診療情報管理士試験対策(基礎)
専門科目
  • 診療情報管理士試験対策(専門)
  • 病院実習事後指導
医療情報技師情報処理系科目
  • 情報処理技術系Ⅰ
  • 情報処理技術系Ⅱ
  • 医学医療系Ⅰ
  • 医療情報系Ⅰ
産能大学併修科目
  • 必修科目対策
  • 選択科目対策
  • スクーリング科目対策
本科卒業

専攻科前期

  • 医療情報技師試験
カリキュラム例
総合科目 一般教養科目
  • ITパスポート試験対策
  • 応用情報処理演習(マクロ)
  • 問題解決力ワーク
医療教養科目
  • 医療情報技師試験対策(医学・医療系)
  • 医療情報技師試験対策(情報処理技術系)
  • 医療情報技師試験対策(医療情報システム系)
  • マーケティング論
医療情報技師情報処理系科目
  • 情報処理技術系Ⅲ
  • 医学医療系Ⅱ
  • 医療情報系Ⅱ
  • 医療情報技師対策(総合)
産能大学併修科目
  • 必修科目対策
  • 選択科目対策
  • スクーリング科目対策
pickup
マーケティング論

具体事例を挙げ演習形式で医療マーケティングの基礎を学びます。マーケティングとは、顧客のニーズを分析し、満足度の高い価値を顧客に提供するための戦略を立てること。医療においても患者様の求める医療サービスを提供するために、マーケティングの知識は欠かせません。

専攻科後期

  • ITパスポート試験(国家試験)
  • 大学卒業資格
  • 卒業式
カリキュラム例
総合科目 一般教養科目
  • ITパスポート試験対策
  • 基本情報処理技術者試験対策
  • 応用情報処理演習(クエリ)
医療情報技師情報処理系科目
  • ハードウェア論
産能大学併修科目
  • 必修科目対策
  • 選択科目対策
  • スクーリング科目対策
pickup
ハードウェア論

ハードウェアの仕組みや理論を学びます。ハードウェア(コンピュータの本体)について、仕組みや成り立ちを理解します。またハードウェアを支えるプログラムの動作原理についても学びを深め、装置はもちろん、計算式や情報理論についても、しっかり身につけます。

4年間の流れ

TIME TABLE

(例)
2年生前期
9:00-10:30 医療管理各論Ⅲ 保健医療情報学 MOS検定対策 診療報酬請求事務 診療情報管理論Ⅲ
10:40-12:10 臨床医学各論Ⅶ 臨床医学各論Ⅷ MOS検定対策 診療報酬請求事務 臨床医学各論Ⅵ
13:00-14:30 診療報酬請求事務 産能大学併修科目対策 医療統計学Ⅱ 卒業研究事前指導 情報処理演習Ⅱ
14:40-16:10 産能大学併修科目対策 英会話 情報処理演習Ⅱ

学びの特徴

授業

これからの医療をリードする人材を育成。

これからの時代に必要な人材は、1人で複数の業務ができる人材です。AI(人工知能)の登場により、今後ますます医療技術は発展していくことが予想されます。その流動的な時代を生き抜くためには、ハイブリットな人材、つまり、複数の業務がこなせる人材の育成が重要となっていくのです。本コースでは、IT分野の知識と診療情報管理の知識を兼ね備え、これからの医療をリードしていける人材を育成します。

ここが違う

1年次から病院へ見学実習に行きます。

1年次より病院へ見学実習を行い、まずは、自分自身の目で医療現場を見て、将来的にどのような医療従事者になりたいのかを考えてもらいます。学校の授業で学ぶ知識と実習で学ぶスキルや現場感覚が繋がり合うことで、卒業後、即戦力として働くことができると考えています。

教員インタビュー

授業

診療情報管理士学科専任教員(診療情報管理士/医療情報技師)藤井 仁先生

即戦力として現場の最前線で活躍できる人材を目指しませんか?

本コースでは診療情報管理士の分野で医学・医療の知識を、医療情報技師の分野で情報処理の技術を身につけることができます。2つの資格を取得し、医療とITの両方のプロフェッショナルとなり、現場の即戦力として病院経営に積極的に携わることのできる人材を目指します。また、医療現場で他の医療スタッフとコミュニケーションを取りながら仕事ができるよう、授業ではディスカッションや発表をする機会を多く取り入れます。病院を根幹から支えられる医療従事者となれるよう、一緒に頑張りましょう。

PAGE TOP