メディカルトレーナー部 冬の活動報告@摂津高校野球部 | 大阪医療福祉専門学校

情報公開 職業実践専門課程について

tel:0120-1298-59 問い合わせ 資料請求

メディカルトレーナー部 冬の活動報告@摂津高校野球部

第89回センバツ高校野球大会を来月に控え、さらに春からは各都道府県で春季大会が始まる高校野球部にとって、この時期は練習試合や公式戦に備え、選手個々のトレーニングがますます重要になってきます :sign01:

今回、メディカルトレーナー部は府立摂津高校の野球部員に、コンディショニングと身体の「軸」をつくるトレーニング指導を行いました :wink:

前回の摂津高校野球部へのストレッチ・コンディショニング指導はコチラから :heart02:

メディカルトレーナー部 秋の活動報告@摂津高校野球部

今回は顧問で野球選手のコンディショニング指導経験が豊富な菊地先生が野球部を訪問 :up:

様々なトレーニング法の一部をご紹介します :scissors:

まずは身体の「軸」を安定させ、「骨盤」と「股関節」を思うように動かせるようにするトレーニングです :run:

①

続いて肩を強化するために不可欠な「肩甲骨」の動きを作るトレーニングです :rock:

②

肘立て伏せでは、肩甲骨の動きと腹筋を意識します :flair:

③

ここで、マル秘アイテムが登場 8-O
理学療法士がリハビリをする時に用いる「セラバンド」を使って4つのインナーマッスルを鍛えます :twisted:

④

:flair: セラバンドとは・・・ゴムのように伸縮性のあるバンドのこと ;)
使い方次第では効果が大きく異なるため、選手個々の特性に合わせた指導を行います :sweat01:
(メディカルトレーナー部の指導のこだわりの部分ですので、詳細は、マル秘です :sign01:

ここには鋭い理学療法士の「眼」が注がれ、軌道修正された選手の姿勢から、インナーマッスルが良く働いていることが分かります 8)

トレーニングが終わったあとは選手個々のメディカルチェックを行いました :heart02:

⑤

⑥

野球をする上で酷使する「肩」や「手首」などに痛みを抱える選手が多くいました :coldsweats:
 

菊地先生は何が問題なのかを見極め、適切なコンディショニングを行います :shine:

春季大会に向けて、ベストな状態で試合に臨めるよう、しっかりと体幹から整えることが大切です :wink:

メディカルトレーナー部は今後もスポーツ選手のメディカルチェックやトレーニング、コンディショニング指導を継続して行っていきます :shine:

次回の活動報告をお楽しみに :note:

:run: スポーツ理学療法~メディカルトレーナー部の取り組み~ :run:

この記事の学科を詳しく見る

PAGE TOP