ブログ

作業療法士学科「公開セミナー」を開催しました!!

2013年6月28日

2013年6月15日(土)、第6回 作業療法士学科「公開セミナー」を開催しました :sign02:

200名を超える作業療法士の方が参加され、大盛況の研修会でした!!

講師には、広島大学医学部保健学科作業療法専攻長である 宮口 英樹(作業療法士)先生にお越しいただき、「ニューロリハビリテーションの考え方とアプローチ」というテーマでお話していただきました。

まずは、作業療法の中でも最先端のトピックである「医療少年院の少年たち」について話していただきました。

医療少年院に入っている人たちの中には、共通して不器用さが見られる人が多いそうです。そんな人たちに対しても作業療法を行い、治療・援助します。その結果、不器用さに改善がみられ、行動も穏やかになり、社会復帰の促進になるとのことでした :flair:

病院で働いているイメージが強い作業療法士ですが、そんな領域でも働いているんですね!!
これには、現場の先生たちもびっくりされていました 8O

次に、パーキンソン病の患者さんについて、ダンスを用いたリハビリテーションの効果についてご紹介いただきました。

ダンスを脳科学の視点から作業療法に活用する方法です。
パーキンソン患者さんがダンスをしている様子がビデオで流れたのですが、みなさん楽しそうにダンスに取り組まれていました :shine:

今回の研修会には、本校の卒業生も多数参加しました。
卒業生にとっては、久しぶりに同級生や先生と会う、いい交流の機会にもなっていました :lovely:

今回は、今春に卒業した卒業生に運営スタッフとして参加してもらいました。
卒業してまだ2ヶ月しか経っていませんが、急に大人になっていて、とても頼もしく見えました :good:

お手伝いありがとうございました :shine:

あわせて読まれている記事

記事一覧

お申し込みはこちらから

なんでも
ご相談ください

  • 電話 電話

    平日9:00-20:00 土曜9:00-18:00

    ボタンタップで電話がかかります
  • メール