ブログ

作業療法士学科 卒業生学術記vol.3

2018年7月3日

大阪府作業療法士会主催『生活行為向上マネジメント基礎研修』に卒業生14名が参加しました :run:

作業療法士として必須の研修であり、参加者の約1/3が本校卒業生です :shine:

また、今回の研修では講師の一人として本校教員が話をすることもあり、若干懐かしい感じもしました :wink:


長時間の研修終了後の集合写真です :eye:


協会の研修修了には決まった研修の受講と50POINTをためる必要があります :sweat01:

卒後2ヶ月半で、もう10POINTもたまっている卒業生もいましたよ!その調子で頑張ってほしいものです :rock:


こちらは、卒業生の感想です :sun:

●学校で習っていた事や、実際に長期実習で活用した経験もあることから、具体的なイメージを思い返しながら再学習できた。

●MTDLPは、CLとの合意の上で目標を決定し、家族や他職種・支援者との情報共有を可能とする。

OTには、CLのこれまでの生活歴や人生観、今後の生活を含めた「その人らしさ」を汲み取る能力が不可欠であると考える。

今後の臨床においてMTDLPの各シートを効果的に活用し、CLとの信頼関係の構築や、目標達成に向けてより具体的なリハビリを提供していきたい。


また、活動の様子をご報告します :ribbon:

あわせて読まれている記事

記事一覧