ブログ

作業療法士学科 夜間部 『 基礎作業学実習(^^♪ 』

2022年6月5日

夜間部2年生は、「基礎作業学実習」の中で【手工芸がどのように患者様に役立つか】を考えています

今回は折り紙で「くす玉」作りを行いました


入院生活では患者様はベッドで寝ている生活が多くなります

作業療法室で折り紙などを取り入れることは、患者様が起き上がるきっかけになります


本を読んで折り紙を折ることは、手の細かい運動を行うだけでなく、手順を考えたり、注意を集中させる脳の機能にも役立ちます

学生は自分で折り紙を折る体験をしながら、それらのことを自分自身で体験します


「くす玉」の形がイメージできてくると、学生のモチベーションも上がってきます

手工芸の作品は、気持ちにも影響することをここで学びます


グループで「くす玉」を作り、完成したものを見せてもらいました


このように作業療法士学科の「基礎作業学実習」という科目では、手工芸の作品作りから「どのように作業が患者様の役に立つのか」を考える授業です

たくさんの作品を作り、学生にとっては楽しい授業の一つです


最後は、作業分析のレポートを書きます

一緒に頑張っていきましょう


【オープンキャンパスのご案内】


☆授業の様子を見学しよう!夜間部授業見学会実施中!

詳しい日程やお申込みはこちらから→https://www.ocmw.ac.jp/event/e-0000020373.html


☆6月のオープンキャンパスは特別

進路を一緒に考えてほしいから、保護者の交通費を全額補助します

詳細・お申込みはこちら→https://www.ocmw.ac.jp/event/index.html

※来校型イベントは感染症予防対策や衛生管理を徹底し、開催致します

あわせて読まれている記事

記事一覧

お申し込みはこちらから

なんでも
ご相談ください

  • 電話 電話

    平日9:00-20:00 土曜9:00-18:00

    ボタンタップで電話がかかります
  • メール