ブログ

メディカルトレーナー部 秋の活動報告@ユリカモメマラソン in 武庫川

2016年11月4日

メディカルトレーナー部の活動報告はまだまだ続きます :run:

今回は「ユリカモメマラソンin武庫川」に救護スタッフとして参加しました :wink:

メンバーはこちら :scissors:

%e2%91%a0

12名のメディカルトレーナー部が参加 :sign01:

さらに :sign01: 今回は視能訓練士学科3年制の1年生2名も初参戦 :good:

合計14名でランナー達の救護にあたりました :happy:

ユリカモメマラソンは、30kmの部と42.195kmの部に分かれて行われました ;)

地元中学校の吹奏楽部の生演奏をバックに、レーススタートです :up:

%e2%91%a1

救護ブースでは、スタート前からコンディショニングやテーピングのケアを希望するランナー達が訪れました :dash:

%e2%91%a2

スタート後は、空き時間を利用して「ランナーが急に倒れた場合」などのシミュレーション実践をしている部員達の姿も見られました :shine:

%e2%91%a3

30kmの部のランナー達がゴールをするに連れて、救護ブースにも続々とランナー達が訪れました :run:

%e2%91%a7

img_4520

おやおや?
ランナーの情報ややりとりをシートに記録しているのは部員のお二人 :roll: ??
%e2%91%a4

いえいえ、本日初参加の、しかも視能訓練士学科のお二人 8-O

物怖じせず積極的に担当を買って出ます :sign01: 偉い :shine:

顧問の菊地先生にも、しっかりと情報を伝えていました :wink:

%e2%91%a5

また、レース中は給水ブースでも大会本部の方達のお手伝いをさせていただきました :heart02:

%e2%91%a6

初参加とは思えないほど、よく働いてくれました :lol:

この日は気温の寒暖差が激しかった事や十分な水分・塩分補給が出来ていなかった事から熱中症を発症するランナー達が多くいました :coldsweats:
熱けいれんや低体温症を引き起こし、中には救急搬送されるケースもありました :sweat01:

%e2%91%a8

%e2%91%a9

急な処置にも慌てることなく、部員達は適切に処置に当たりました :sign01:

初参加の理学療法士学科昼間部1年生の部員も、救急車を誘導するなどそれぞれ役割を発揮していました :dash:

日頃から常に緊急の事態を想定し、シミュレーションしてきた成果ですね :rock:

初参加のメンバーが多い中、救急搬送されるケースもあり大変ではありましたが、部員達にとってはまた一歩経験を積むことが出来ました :up:

また理学療法士と作業療法士、視能訓練士と異なる学科の学生が救護ブースを運営する中で、見えてくるものもあったのではないでしょうか :shine:

「困っているランナー達を援助したい」という気持ちは皆同じ :heart02:

今回、それぞれが感じた事、勉強になった事は次回以降にも活かすことが出来るでしょう :up:

最後に、大会本部の方々からたくさんの差し入れもいただきました :sign01:

ありがとうございました :sign01:

%e2%91%aa

また、11月6日(日)の大阪・淀川市民マラソンでは、救護班(AED班)として参加します :run:
次回の活動報告もお楽しみに :wink:

:run: スポーツ理学療法~メディカルトレーナー部の取り組み~ :run:

あわせて読まれている記事

記事一覧

お申し込みはこちらから

なんでも
ご相談ください

  • 電話 電話

    平日9:00-20:00 土曜9:00-18:00

    ボタンタップで電話がかかります
  • メール