適性AOエントリー

学科紹介

教育システム

医療・福祉業界のプロフェッショナルになれる、トータルな教育システム。

入学前から卒業後まで、「一人ひとりを見つめた教育サポート体制」が大阪医療福祉のポリシーです。

入学前~スムーズな第一歩を踏み出すために~

オープンキャンパス
オープンキャンパス

自分が夢に描いている仕事を模擬体験できるとともに、将来に対する明確な目的意識をもつことができます。

入学前教育

入学が決定した方に対して入学前教育を実施。授業形式で行うもの(プレカレッジ)や、通信添削形式の学習教材(学習トレーニングシート)などで、高校の理数系の科目が苦手だった方や、しばらく勉強から遠ざかっていて入学後の授業に不安を感じている方を、入学前からサポートしていきます。

プレカレッジ
プレカレッジ

自分が夢に描いている仕事を模擬体験できるとともに、将来に対する明確な目的意識をもつことができます。

学習トレーニングシート
学習トレーニングシート

入学予定者が入学までの期間を有意義に活用できるよう、「学習トレーニングシート(通信添削テキスト)」を自宅に送付。入学後に取り組む専門授業に向け、高校までの学習範囲のなかからできるだけ習得しておきたい内容について重要ポイントを解説し、例題、演習問題を解いていきます。
演習問題では、通信添削や質問への回答を行い、基礎的な知識の理解・習得を目指します。

入学〜在学中~医療・福祉職を目指す心構えを学ぶ~

新入生研修
新入生研修

入学するにあたり、本校の教育方針、就職指導のあり方、そして将来医療従事者となることを目指している学生に対し、その心構えの構築を目的として研修を実施。また、研修やオリエンテーション、食事を通して、ほかの学科の学生と交流を深めることもできます。

初年次教育システム
コミュニケーション技法
コミュニケーション技法

教員が「教える」のではなく学生が「自ら学ぶ」「学びあう」ことに重点を置いた学習方法で「聞く・話す・読む・書く」力を育てます。グループで様々な演習に取り組み、議論を交わすことで互いを知り、その積み重ねから自分を信じる力を養うことを目的としています。

キャリア教育

医療人を目指す仲間達と「社会の中で何が求められているのか」について話し合い、「学び続ける力」や「一歩踏み出す力」を養成します。学生が社会の中で生きていく力を身につけられるようサポートします。

スポーツフェスティバル
スポーツフェスティバル

初年次教育の一環として、全学科合同でのスポーツフェスティバルを入学後すぐの4月に実施しています。綱引きや玉入れ、リレー、50m走など様々な種目を、クラス対抗で一致団結して競い合います。クラス内での団結力を強めることで、専門学校生活にスムースに入っていくことを目的としています。

在学中~現場で必要とされる人になる~

授業カリキュラム

滋慶学園グループや本校独自で研究・開発したオリジナルテキストなどにより、現場で役立つ知識を習得。学生の授業理解度にあわせてきめ細かい授業運営を実施します。また、高い資格取得の合格率が証明するように、国家試験対策・各種検定試験対策も万全。

チーム医療論
チーム医療論

全5学科が合同で演習する「チーム医療論」を実施しています。多職種理解を基礎とし、事例検討を通じて多職種が協働して対象者を診る力を養うことを目的としています。演習を行うことで、異なる職種について学ぶことができ、また自分が目指す職業の専門性を改めて実感することができます。このような取り組みを在学中に行うことで、多職種協働における実践能力を備えた学生の輩出を目指しています。

実習前教育
実習前教育

学外実習をより充実したものにするために実習前教育を実施。模擬患者と実際の現場で接するように、面接したり検査を行ったりします。

学外実習
学外実習

業界に広がるネットワークを活かして、豊富な学外実習先を確保。実習に行く前の「実習前教育」、実習終了後のフォロー教育も万全。また、各学科で「実習報告会」を実施し、仲間達の実習での経験談を聞きながら、自分を見つめ直します。学外実習先でそのまま就職内定を決める学生も数多くいます。

国家試験・各種検定試験対策

普段の授業内容が国家試験の出題内容とどのようにつながっているのかを理解しながら授業を運営。校内模擬試験を重ね、国家試験受験の当日を想定して実践的な教育環境を用意。また、最高学年時には学生ひとり一人の理解度にあわせて「習熟度別クラス」を編成。少人数の寺子屋方式で集中的に弱点の克服を行います。

教員体制
~いつもそばに担任がいる~
教員体制
教員体制

専任教員は豊富な現場経験をもつスペシャリストばかり。しかも担任制だからひとり一人の学生に目が行き届き、資格取得から就職までしっかりとサポート。また、定期的な面談を実施。各々の学生の習熟度状況を把握し、生活面の悩みなどもケアします。

講師陣
講師陣

業界の最前線で活躍中のトップリーダーを講師として招き、即戦力として現場で活きる知識や技術をアドバイスします。

学科イベント
~時には「リフレッシュ」も大切~
学科イベント

各学科別で実施しています。
バスケットボールやバレーボールなど、学年対抗で対戦する球技大会や、ボウリング大会、登山などメニューはさまざま。日ごろの勉強の疲れを癒しながら、学年同士の交流も深めます。

スクールカウンセラー
~いろいろな相談窓口もあります~

校内に専門の心理カウンセラーを配置し、気軽に話ができる環境を整備。学業の悩みはもちろん、家族や友人関係の悩みなど、ひとり一人に応じたアドバイスを行います。

学費相談アドバイザー
学費相談アドバイザー

学費や奨学金・教育ローンについて相談できるように、学費に関する専門知識を持った相談員を設置。各種教育ローンの利用方法や返済時の金利など、豊富な知識を持ったアドバイザーが学生やご家族の学費に関する悩みに対して、的確にお答えします。

就職活動~専任スタッフがバックアップ~

就職システム
就職ガイダンス
就職ガイダンス

就職活動に備えて、さまざまな知識や情報を提供します。また、就職活動のポイントはもちろん、社会人として求められる礼儀、言葉づかいなどもきめ細かく指導します。

大阪滋慶学園主催「就職フェア」
大阪滋慶学園主催「就職フェア」

毎年5月に大阪滋慶学園が主催する就職ガイダンスを開催。
300を超える病院・福祉施設の人事採用担当者に参画していただき、学生との窓口になります。

個別指導
個別指導

本校の就職指導の特長は、集団の学生に対する指導ではなく、個別単位での指導。学生ひとり一人の個性や、希望の就職先などを聞きながら、履歴書の書き方の指導や模擬面接を重ね、内定獲得まできめ細かく指導していきます。

卒業後~卒業後のキャリアプランまでサポート~

生涯支援
生涯支援
生涯教育システム

医療職は、現場に出てからが本当の意味での勉強。本校では、現場に出てからも役立つ専門の知識や技術の講習会・セミナーを実施。本校独自で実施している「大阪滋慶リハビリテーションセミナー」など、医療・福祉業界の方を対象としたセミナーにも本校の卒業生が積極的に参加しています。

卒業後教育
卒業後教育

卒業後もつねに高度な知識や技術を習得できるよう、定期的に勉強会を行っています。

学会発表
学会発表

現場で働きながら学会などでの研究発表を目指す卒業生のために、サポート教育を実施。

同窓会、OB・OG会
同窓会、OB・OG会

卒業生が中心となって運営。
卒業後も同窓生同士で業界の情報などを交換できるようにネットワークを構築しています。

お申し込みはこちらから

なんでも
ご相談ください

  • 電話 電話

    平日9:00-20:00 土曜9:00-18:00

    ボタンタップで電話がかかります
  • メール