学科紹介

診療情報管理士学科 医療情報技師コース 昼間部3年制+専攻科1年制

受験資格:
高等学校卒業見込み者・高等学校卒業以上

IT分野の知識と診療情報管理の知識を兼ね備え、
これからの医療をリードしていける人材を育成します。

診療情報管理士に加えて、医療情報技師の取得を目指すことで、より情報処理に精通したプロフェッショナルを育成します。病院内では、電子カルテの導入が進んでいます。診療情報の管理はもちろんのこと、電子カルテのソフトウェアやハードウェアの開発・運営・メンテナンスにまで精通することで、総合的な情報管理を可能にします。また、医療マーケティングなど経営戦略に関する知識を身に付けることで、病院の経営を支える人材を目指します。4年間かけてじっくりと勉強できることはもちろん、大学卒業の資格を取得できる点も大きな魅力です。

目指せる資格
  • 診療情報管理士(日本病院会、全日本病院協会、日本医療法人協会、日本精神科病院協会、医療研修推進財団の5団体認定)
  • 医療情報技師(日本医療情報学会主催)※医療情報システムの開発・運営保守の資格です
  • 診療報酬請求事務能力認定試験(医科)(日本医療保険事務協会認定)
  • ITパスポート(国家資格)
  • 医療秘書技能検定3級(医療秘書教育全国協議会主催)
  • 大学卒業資格※産業能率大学
    通信教育課程の併修で取得可能
活躍のフィールド
  • 特定機能病院
  • 地域医療支援病院
  • 総合病院
  • 医療システム管理会社
  • 一般企業
就職実績
  • 京都府公立大学法人 京都府立医科大学附属病院
  • 地方独立行政法人 りんくう総合医療センター
  • 恩賜財団 大阪府済生会中津病院
  • 在日本南プレスビテリアンミッション 淀川キリスト教病院
  • 医真会 医真会八尾総合病院
  • 甲友会 西宮協立脳神経外科病院
  • 弘道会 守口生野記念病院
  • 明倫会 宮地病院
  • 徳洲会 宇治徳洲会病院
  • 徳洲会 野崎徳洲会病院
施設の割合
総合病院・一般病院 79.4%
社会福祉施設 17.2%
介護老人保健施設 3.4%
授業の様子を動画でチェック
学科DATA
男女比率
男女比は約3:7
女性 72.4%
男性 27.6%

check!男性も多い! 女性が多い医療事務系の中でも、上級資格である診療情報管理士は男性が目指すケースも多いことが特徴。

学歴・社会人比率
全員が高卒
現役高校卒生
・浪人生
100%

check!全員が高卒! 近年注目の資格だけあって、社会に出る前から目的を持ってこの資格を目指す高校生が多い。

年代別比率
ほとんどが25歳以下
19〜25歳 99.0%
26〜30歳 1.0%

check!同世代がほとんど!医療系の専門学校は年齢層が高いと思われるかもしれませんが、同世代の学生がほとんど。

在校生インタビュー
目標は「医療情報技師」と「診療情報管理士」の資格取得です。

商業科のある高校でパソコンの知識などを学び、それを活かせる職業に就きたいと思い本学科を志望しました。検定合格率や就職率の高さが入学の決め手になりました。高校では習わなかったソフトウェアの知識も学べるし、実践的な授業になっていて身につきやすいです。医療の知識はもちろん、コミュニケーションなども学びます。

診療情報管理士学科/医療情報技師コースK.Sさん
診療情報管理士学科/
医療情報技師コース
K.Sさん
明石市立明石商業高等学校 出身
教員インタビュー

電子カルテ導入には高度な知識が求められ、多くの意見もいただきます。

電子カルテ導入業務は医療と情報システムを取り扱うため、非常に高度な知識を求められ、システム構築時に多くのご要望をいただきます。導入時には厳しい意見をいただくこともありますが、システム稼働時に病院職員の方から感謝のお言葉をいただくこともあります。システム構築を一から作り上げていく業種になるので大変ではありますが、とても達成感を感じることができる職業です。

今後の医療情報技師のニーズと求められる人材とは?

人工知能や情報システムのテクノロジーが著しく上昇していく中で、業務量の多い病院では今後も電子カルテの導入は伸び続けると考えられます。導入後も診療報酬の改定などで保守業務が必要となるので、医療IT業務の人材は求め続けられるでしょう。システムベンダーの導入業務としてはITの基本的な知識が求められます。特にワードやエクセルはもちろん、開発業務(PG・SE)には、プログラミングスキルが必須です。

藤井 仁先生
診療情報管理士学科 専任教員
元 ㈱ソフトウェア・サービス 勤務
診療情報管理士学科専任教員
(医療情報技師)
藤原 滉一 先生
授業科目と学校生活
新入生研修
1年次前期
  • 入学式
  • 新入生研修
  • 慢性期医療展
  • 医療秘書技能検定試験(3級)
病院見学
1年次後期
  • 学科イベント
  • 病院見学
学科イベント
2年次前期
  • 診療報酬請求事務能力認定試験
  • 学科イベント
Microsoft Office Specialist 検定試験
2年次後期
  • Microsoft Office Specialist 検定試験
  • 卒業研究事前指導

ピックアップ

情報処理演習Ⅱ
情報処理演習Ⅱ
情報処理を基礎から学びます。

ワードやエクセル等実務に不可欠なPCスキルを身につけることから始めます。普段馴染みのないPC用語はなかなか理解することが難しいですが、少しずつ基礎的な知識から身につけていくことで、無理なく勉強することができます。また、診療情報管理に欠かせない電子カルテシステムとも関連付けて学べることも魅力です。

マーケティング論
マーケティング論
具体事例を挙げ演習形式で医療マーケティングの基礎を学びます。

マーケティングとは、顧客のニーズを分析し、満足度の高い価値を顧客に提供するための戦略を立てること。
医療においても患者様の求める医療サービスを提供するために、マーケティングの知識は欠かせません。

海外研修
3年次前期
  • 業界研修参加
  • 卒業研究
  • 海外研修
  • 病院実習(4週間)
  • 診療情報管理士模試
卒業研究発表会
3年次後期
  • 業界研修参加
  • 卒業研究発表会
  • 診療情報管理士模試
  • 診療情報管理士試験
  • 卒業式(本科卒業)

ピックアップ

病院実習事前指導(マナー)
病院実習事前指導(マナー)
病院実習前の準備として社会人基礎力を身につけます。

病院実習を行う前の準備として、社会人としての礼儀・マナーや挨拶などを身につける授業です。ロールプレイ方式で、自分の長所や短所を把握します。就職にもつながる大事な実習のため、準備は大切です。

医療技師試験
専攻科前期
  • 医療情報技師試験
卒業式
専攻科後期
  • ITパスポート試験(国家試験)
  • 大学卒業資格
  • 卒業式

ピックアップ

ハードウェア論
ハードウェア論
ハードウェアの仕組みや理論を学びます。

ハードウェア(コンピュータの本体)について、仕組みや成り立ちを理解します。またハードウェアを支えるプログラムの動作原理についても学びを深め、装置はもちろん、計算式や情報理論についても、しっかり身につけます。

TIME TABLE
(例)
2年生前期
09:00〜10:30 診療報酬請求事務 医療統計学Ⅰ

臨床医学 各論Ⅵ(消化器)

臨床医学各論Ⅱ(新生物) 電子カルテ 演習
10:40〜12:10 診療報酬請求事務 保健医療 情報学 臨床医学 各論Ⅵ (泌尿器) 臨床医学各論Ⅲ (血液・代謝) 電子カルテ 演習
13:00〜14:30 国際統計分類Ⅱ 臨床医学各論Ⅰ (外傷学・先天異常) 医療管理 各論Ⅱ 診療情報管理論Ⅱ 電子カルテ 演習
14:40〜16:10 臨床医学各論Ⅳ (精神・脳神経) コース活動 (ゲーム・アプリ開発) 診療情報管理論Ⅱ コース活動 (プログラミング発展)
学びの特徴
これからの医療をリードする人材を育成。

これからの時代に必要な人材は、1人で複数の業務ができる人材です。AI(人工知能)の登場により、今後ますます医療技術は発展していくことが予想されます。その流動的な時代を生き抜くためには、ハイブリットな人材、つまり、複数の業務がこなせる人材の育成が重要となっていくのです。本コースでは、IT分野の知識と診療情報管理の知識を兼ね備え、これからの医療をリードしていける人材を育成します。

学びの特徴1
1年次から病院へ見学実習に行きます。

1年次より病院へ見学実習を行い、まずは、自分自身の目で医療現場を見て、将来的にどのような医療従事者になりたいのかを考えてもらいます。学校の授業で学ぶ知識と実習から得るスキルや、現場感覚が繋がり合うことで、卒業後、即戦力として働くことができると考えています。

学びの特徴2

お申し込みはこちらから

なんでも
ご相談ください

  • 電話 電話

    平日9:00-20:00 
    土曜9:00-18:00

    ボタンタップで電話がかかります
  • メール

学科紹介 学科紹介